ねぶた祭りはハネトで参加できる!衣装はどうすればいい?

haneko

青森ねぶた祭りは毎年300万人以上の観光客が訪れる大規模なお祭りです。
観覧だけでも楽しいですが、参加するともっと楽しめますよ!ねぶた祭りに参加するための心得をリサーチしました。

スポンサーリンク

青森ねぶた祭り概要・日程

青森ねぶた祭りは毎年8月2日~7日まで開催されます。

最大幅9メートル、高さ5メートル、奥行8メートルサイズのねぶたと呼ばれる歌舞伎や武者を題材に作られた人形をのせた山車とその周りで踊るハネトが有名です。

ハネトは「ラッセラー ラッセラー」と掛け声を掛けながら、大型ねぶたと一緒に跳ね歩き祭りを盛り上げます。
ハネトはねぶた1台につき2,000人になることもあります。

開催日時:8月2日(日)~8月7日(金)

スケジュール

8月2日(日)~8月3日(月)19:10~21:00
子供ねぶた・大型ねぶたの運行

8月4日(火)~8月6日(木)19:10~21:00
大型ねぶたの運行

8月7日(金)
13:00~15:00
大型ねぶたの運行

19:15~21:00
青森花火大会
ねぶた会場運行

ハネトで参加するなら8月4日~6日大型ねぶたの運行時がおススメです。

ハネトとは?

ハネトとは「跳人」で字のごとく跳ねる人を表します。

青森ねぶた祭りでは「踊り子・踊り手」の事をハネトと呼び、ハネト衣装を着ることが原則となっています。

ハネトでの参加方法

ハネトは団体に所属していなくても参加可能です。参加費用も不要です。
事前の登録や当日の受付もなく、運行コースに待機しているねぶた団体に混ざることで参加ができるのです。
※衣装をそろえている学校や自衛隊の団体には参加できないので注意しましょう。

スポンサーリンク

参加するためにはハネト衣装(正装)を着ていることが必須条件です。

ハネト衣装を着ていない場合は参加することが出来ません。

ハネトの正式衣装

頭:花笠
肩:鮮やかな赤・ピンク等の「タスキ」
腰:「シゴキ」とブリキでできた水やお酒を飲む器「ガガシコ」
足元:「白足袋」に「ゾウリ」

揃いの浴衣か木綿の着物
着物の裾は膝までたくし上げその下にはピンクや青の「オコシ」をつけます。

ハネト衣装の着方

衣装はデパートなどで一式10,000円ぐらいで市販されています。

衣装の貸し出しや着付けをしてくれる店もあり、こちらは4,000円前後です。足袋、草履、花笠は別料金になっているのですが必要な衣装なのでレンタル費用はもう少しかかると思っておきましょう。

 ⇒ハネト衣装購入・レンタル

当日の飛び入り参加でも衣装もきちんと正装なので祭り参加意識も一層高まりますね。

ハネトのルール

参加は正式衣装を着ているだけで可能ですが、やはり守るべきルールがあります。ハネトの参加ルールは以下のようになっています。

  • みんなが楽しめる祭りにする
  • ねぶた出発30分前に待機場所へ集合
  • 花笠をかぶり正式衣装での参加
  • 運行委員の指示に従う
  • ねぶた囃子と関係のないホイッスル等の持ち込み禁止
  • 運行中の逆行や途中からの参加

消防車や救急車が出動した場合は、速やかに道路を空けましょう。

ルールを守って楽しい祭りにしましょう。

まとめ

お祭りは見るのも楽しいですが参加すると楽しみ倍増ですね。青森ねぶた祭りは一般参加できる大規模なお祭りです。ハネト衣装を着てねぶた祭りの一員として楽しみましょう!

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存