お中元の時期は関西と関東では違う?マナーや贈る相手はどうすればいい?

ocyuugen

社会人になったり結婚したりするとお中元どうすればいいのか気になりますよね。

お中元の時期や誰に贈ればいいかわからないと悩んだりする人も多いでしょう。

これだけは押さえておきたいマナーなどまとめてみました。

関連サイトお中元のお返しはいつまでにするもの?お礼状だけでも失礼にならないって本当?

スポンサーリンク

お中元の時期は関西と関東違いがある?

お中元時期は地方によって違うんだよって話、聞いたことありませんか?なぜ違ったりするんでしょう?

もともと中元というのは三元のなかの一つで旧暦では7月15日とされています。

この日は道教では人間贖罪の日として、一日中火を焚いて神を祝う風習があり、のちに、死者の罪を赦すことを願う日となりました。
日本はこれがお盆の行事となり、目上の人やお世話になった人々に贈り物をするお中元という風習が生まれました。

三元の中の中元は日本でいうお盆にあたるので、お盆の時期が違うとお中元の時期も違ってくるのです。

それではお盆の時期が全国的にどうなっているのかまとめてみました。

旧暦7月15日 沖縄・奄美地方など(旧暦7月15日は新暦8月8日頃~9月6日頃)
新暦7月15日 東京・横浜・静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など
新暦8月15日 ほぼ全国的

このため関東地方のお中元は7月15日頃、関東を含むその他の地域では8月15日頃とされています。

とはいえ、現在は地方にかかわらず7月15日頃までに贈る人が多くなっています。
沢山のお中元を一気に手配する場合は、贈る時期を7月15日頃にしてしまっても失礼にはならないでしょう。

お中元のマナー注意することは?

お中元の時期はわかったけれど、お中元を贈るマナーも気になりますよね。

贈り方で気を付けることは?

本来お中元は、先方の都合をうかがったうえで持参するのが正式です。

しかし先方がお休みの時にうかがうことで負担をかけるのではと懸念して最近は配送することが一般的になっています。

日頃のお礼や近況を伝えることがお中元の目的でもあるので、配送した時も荷物と同時期に着くよう手紙やはがきなどを出しておきましょう。

贈る品で気を付けることは?

生鮮食品などは先方が不在の場合もあるので、生ものを贈るときは事前に在宅を確認しておきましょう。
賞味期限の短いものは消費できないこともあるので、量が大目にならないよう贈りましょう。

スポンサーリンク

贈り物の金額は?

お付き合いの度合いで決まりますが3,000円から4,000円台程度が一般的な相場です。初めてのお中元だと奮発してしまいがちですが、お中元は基本的に毎年贈ります。翌年明らかに金額が落ちるがないよう無理のない金額にしておきましょう。

贈りたい相手が喪中の時は?

お中元はお祝いの品ではなく、日頃の感謝を込めて贈るものなので贈る側、受け取る側どりらが喪中でも差し障りはありません。ですが四十九日を過ぎてない場合や先方が気落ちしているときは時期をずらして「暑中見舞い」「残暑見舞い」として贈りましょう。
お中元のまま贈る場合は、紅白の水引は控えましょう。

お中元を贈る期間は?

お中元として贈る場合、最低でも3年は続けるのが基本です。仲人さんに贈る場合、5年は最低でも贈りましょう。

お中元贈る相手はどんな関係の人?

お中元は日頃の感謝をこめて贈る夏の贈り物です。
あなたが感謝してる相手はどなたでしょう?
離れている両親や親戚、仲人さんや会社の上司や恩師などに贈るというのが一般的です。目下のものから目上に贈るものですからお世話になったと思っていても、部下などに贈らないよう気を付けましょう。

離れている両親

お盆の時期に帰省をする予定がある場合は、お中元として送るのではなく持参すれば大丈夫です。お盆のお供え物とは別ですから一緒にしないようにしましょう。

仲人さん

仲人さんは相手探しからしてくれた仲人さんや結婚式だけの仲人さんなど関わり具合はいろいろあるでしょう。どのような関わり具合でも結婚して直ぐのお中元はきちんと贈りましょう。先方からお断りがない限り続けましょう。

会社の上司

会社の上司に贈る場合は、お中元をやり取りしないことが慣例になっている会社もあるのできちんと確認をしておきましょうね。

感謝の気持ちのお中元が先方のご迷惑になっては台無しですから。

一時的にお世話になった方

とってもお世話になったから贈りたいけれど、今年だけと思われる相手の場合はお中元ではなく「お礼」として渡しましょう。お中元は今後も続けて贈る場合のみにしておきましょう。

まとめ

地方によってお中元を贈る時期が違うので、うっかり遅れてしまわないよう発送する場合は早めに手配しておきましょう。

お中元は日頃の感謝を伝える贈り物です。感謝の言葉と相手に喜んでもらえるような品を贈りたいですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存