京都五山送り火の由来、日程や場所は?ツアーはある?

okuribi

夏の風物詩のひとつでもある京都五山送り火は「大文字焼き」とも言われており、どちらかの呼び名で耳にしたことがあるのではないでしょうか。山に大と書かれた文字が燃えるのをテレビで見た人も多いでしょう。

直接見てみたいと思った方の為に五山送り火の日程や見どころポイント、ツアー情報などチェックしましょう。

スポンサーリンク

京都五山送り火とは?

五山送り火とは京都の名物行事であり伝統行事でもあります。葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つとされています。

大文字焼きとして広く世間に広まっていますが、正確には五山の送り火と呼びます。
五山送り火はお盆に帰ってきた先祖を供養し、再びあの世へ送る時の送り火です。

この送り火が五山送り火と言われる所以は、京都を囲む5つの山に火を灯し送り火を焚くことから来ています。

5つの山の送り火はそれぞれ文字になっています。

東山如意ケ嶽:「大」(大文字)
金閣寺附近の大北山:「大」(左大文字)
松ケ崎西山と東山:「妙」「法」
西賀茂船山:「船形」
上嵯峨仙翁寺山」:「鳥居形」

以前には「い」・「ー」・「竹の先に鈴」・「蛇」・「長刀」なども、送り火として点火されていましたが早くに廃れてしまい5文字のみとなりました。

五山送り火の日程や場所は?

五山送り火はお盆の送り火なので、毎年8月16日に行われます。

2015年の8月16日は日曜日なので多くの人で賑わいそうですね。
五山送り火はご先祖様を送る日なので雨でも行われ、延期もありません。

五山送り火と言われるように、送り火は5つの山で焚かれます。それぞれの場所と見どころスポットをお知らせします。

「大文字」

点火時間:20時~20時30分
大

場所:京都市左京区浄土寺・大文字山

大文字は市内のどこからでも眺望できる位置にあります。足利氏がが最も眺めのいいように一条通を正面にしたとか、京都御所からの眺めがいいように設置された等諸説があります。
こちらでは護摩木の受付があります。護摩木は送り火の材料となります。

受付時間:15日 12:00~20:00 /16日 6:00~14:00
受付場所:銀閣寺門前 
護摩木 300円

見どころポイント

鴨川堤防(丸太町~御園橋)
同志社大学寒梅館前、京都御所

「妙」「法」

妙と法はそれぞれ違う山に設置されますが、二山で一対とされているためどちらも同時刻に点火されます。

点火時間:20時05分~20時35分
妙

場所:京都市左京区松ヶ崎・西山

見どころスポット

北山通(ノートルダム女学院附近)

「法」

法
場所:京都市左京区松ヶ崎・東山

見どころスポット

高野川堤防(高野橋北)

スポンサーリンク

「舟形」

点火時間:20時10分~20時40分
船形

場所:京都市北区西賀茂・船山

西方寺の開祖、慈覚大師が唐留学の帰路で暴風雨に会った際、南無阿弥陀仏を唱えていたら無事帰国できたことから、その船を型どって送り火を始めたとも伝えられています。

護摩木受付
護摩木の受付:8/4~/15 8~16時 8/16 8~10時 西方寺にて

見どころスポット

北山通(北山大橋から北西)

「左大文字」

点火時間:20時15分~20時545分
左大

場所:京都市北区大北山・左大文字山
護摩木の受付
8/15 9~15時頃 8/16 7時半~昼頃 金閣寺門前にて

左側に見えることから左大文字と呼ばれています。如意ヶ嶽の大文字が室町御所の池に映った様子をみて大北山に「左大文字」の送り火を始めたとされています。
※一般観光客の入山は全面禁止。

見どころスポット

西大路通 わら天神交差点北 西大路通(西院~金閣寺)

「鳥居形」

点火時間:20時20分
鳥居
場所:京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山
護摩木の受付
8/13~/15 10~16時 8/16 9時~昼頃 化野念仏寺の駐車場にて

この鳥居形が点火される鳥居本は愛宕山への参道にある鳥居が由来と言われています。

見どころスポット

松尾橋・広沢の池など

昔と違い、今は高いビルなどが建ってしまったため残念ながら五山の送り火を一覧できるところはほとんどありません。

京都駅ビル空中経路からは一覧できるといわれていますが、こちらは事前予約制です。
毎年7月初旬から中旬にかけて募集されます。

 ⇒京都駅ビル 

初めて五山送り火を見るのであればやはり、一番高い山で火床も大きい「大」の文字鑑賞がおススメです。
送り火が灯っている時間はわずか30分です。食事をとりながら観覧するといったプランを実施しているホテルなどもありますが、送り火に集中したいと思うのは私だけでしょうか。

五山送り火ツアーはあるの?

京都の伝統イベントだけあってツアーはたくさん出ています。まだまだ予約できる状況なので見てみたいという気持ちが少しでもあるなら早めに予約しておきましょう。

市内観光バス

 ⇒高台寺ライトアップと大文字送り火
東山・如意ヶ嶽の「大」の文字を京都御苑より観覧と高台寺の夜の特別拝観

近畿日本ツーリスト
 
 ⇒五山(大文字)送り火旅行(ツアー)

楽天トラベル

 ⇒五山送り火宿泊プラン

JTB

 ⇒五山送り火鑑賞と京料理夕食プラン 

まとめ

京都五山送りはいかがだったでしょう?暗闇の中に浮かび上がる数々の文字はとても風流ですよね。一度は五山送り観覧に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存