初節句のお祝いはいつ?男の子と女の子で祖父母からのお祝いは変わる?

oiwai

お孫さんが生まれたら初節句をどうれすればいいか気になりますね。桃の節句や端午の節句が近づいたらなおさらです。初節句のお祝いをするのはいつなのか?何を贈ればいいかまとめてみました。

スポンサーリンク

初節句のお祝いはいつするもの?生まれたばかりでも大丈夫?

初節句とは子供が生まれて初めての節句のことです。「赤ちゃんの健やかな健康と厄除け」を願う意味が込められています。初節句はお宮参りのように生まれてから何日目というわけではなく、女の子なら3月3日(桃の節句)男の子なら5月5日(端午の節句)です。

2月に生まれた女の子は生まれて一か月で桃の節句を祝うのでしょうか?このように生まれてすぐ(生後一か月以内)などの場合は赤ちゃんもお嫁さんも大きな負担になるので、翌年の節句に行うこともあります。

いつにするかはご家族の判断で大丈夫ですので、お子さんとお母さんに負担がかかりそうだと思ったら1か月以上前に生まれていても翌年にずらして差し支えはありません。お孫さんが生まれて初節句をとっても楽しみにしていても、お嫁さんの体調などが悪い場合は、翌年にすることなども提案してあげてくださいね。

※お宮参りが生後100日目に行う習わしがある地域では、お宮参り後、最初の節句に初節句を行います。

初節句のお祝い 祖父母からは何を贈る?相場は?

初節句をすることが決まったらお祝いを考えましょう。祖父母からのお祝いは現金でも品物どちらであっても、初節句の一か月以上前に贈りましょう。

スポンサーリンク

ところで初節句の雛人形や五月人形などの飾りはお嫁さん側の実家から贈るという習わしがあるのをご存知でしょうか。長男の節句は父方が用意するということもあるようです。お嫁さん側の実家が用意するというのが一般的ですが、地域によって習わしが異なります。

両家がそれぞれ自分たちが用意すると譲らなかったら、関係がギクシャクしてしまうでしょうし、せっかくのお祝いが台無しですね。

仮にお嫁さん側の実家が用意するとなったら、一方の実家の負担が重くなってしまいます。かわいいお孫さんのお祝いですから、両家が話し合って費用の折半やそれぞれが購入するお人形を変えるなどして円満に初節句を行いましょう。

男の子なら、五月人形やこいのぼり、名前旗など贈るものがいろいろあるので両家で分担しやすいですね。女の子の場合は両家で費用を折半して雛人形を贈るのもいいですね。

初節句のお祝い 熨斗はどうする?

初節句にお祝いを贈るときの熨斗はどう書けばいいでしょう?

表書きは『御祝』『初節句御祝』ですが桃の節句なら『初雛御祝』『祝御初雛』端午の節句なら『初幟御祝』『祝御初幟』としてもかまいません。

熨斗(のし)紙などの装飾は、紅白の蝶結びの水引を使うのが一般的です。

節句のお祝いは毎年贈るの?

初節句の翌年の節句のお祝いはどうすればいいのでしょう。

お祝いを贈るのは初節句のみというのが一般的です。翌年もお祝いしたい場合は相手の負担にならないよう手土産程度を贈りましょう。

まとめ

お孫さんの初節句とっても楽しみですね。お宮参りが終わった後の初節句になることが多く翌年にお祝いをすることがあるので注意が必要ですね。
あなたにとって大事な孫は先方のご両親にとっても同じことです。お祝いは両家が話し合って決めたいですね。みんなが笑顔で楽しめる初節句をお過ごしくださいね!

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存