台風の風速はどれぐらい?飛行機や新幹線が欠航になる風速は?

taifu

台風の季節が近づきました。

台風というと強風と豪雨に気を付けなければと思いますが、上陸しても被害がなく通り過ぎていく台風もありますね。
どれぐらいの規模の台風が危険なのでしょうか。風速などをまとめてみました。

関連サイト台風で新幹線がまさかの運休?!旅行先で困らないようにするには?

関連サイト台風で飛行機が欠航!飛行機が出るまでの空港での時間の過ごし方!

関連サイト雨量でわかる雨の強さと降り方。降水量との違いは?

スポンサーリンク

台風の風速はどれぐらい?

台風が発生すると天気予報などで台風の情報が公開されますね。台風の名前から始まって大きさが大きいとか強さはやや強い、風速は〇〇でなどなど。
名前や発生地などを除けば、ほとんどが風速の情報を表しています。

台風の強さ

まず、台風の強さですが最大風速によって階級が変わります。

階級 風速
強い 最大風速33m/s以上~44m/s未満
非常に強い 最大風速44m/s以上~54m/s未満
猛烈な 最大風速54m/s以上

※m/s 一秒間に進む距離

風速33m/s未満の場合は強さは表示されません。

台風の大きさ

台風の大きさも風速によって階級が変わります。

階級 状況
大型 風速15m/s以上の半径が500km~800km未満
超大型 風速15m/s以上の半径が800km~

超大型になると北海道と九州を除く全域が入る大きさになります。

ほぼ日本中が風速15m/sの風に見舞われるなんて想像がつきませんね。
ところで風速15m/sとはどれぐらいの風なのでしょうか。

次でまとめてみますね。

風速による人や建物への影響

平均風速は10分間の平均です。瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多く、油断していると思ってもいなかった被害にあうことがあるので、外出には注意しましょう。

風の強さ 平均風速  人の状況  建物・樹木など
やや強い風 10以上
15未満
風に向かって歩きにくくなる
傘がさせない
樹木全体が揺れる
樋が揺れ始める
強い風 15以上
20未満
風に向かって歩けない
転倒することもある
看板やトタン板が外れる
瓦がはがれる
非常に強い風 20以上
30未満
立っていられない
飛来物にあたるおそれあり
看板が落下
瓦などが飛散
プレハブ小屋などが倒れる
猛烈な風 30以上
40未満
 屋外での行動は極めて危険
走行中のトラックが横転
外装材が飛散する
多くの樹木が倒れる
40以上 ブロック塀の倒壊
住家の倒壊

まとめで見ると思った以上に風は怖いんだなって実感しました。走っているトラックが横転するような風は想像できませんね。

平均風速の最大値を最大風速といいますが、日本での最大風速は1965年9月10日に観測された69.8m/sです。


スポンサーリンク

飛行機や新幹線が止まってしまう風速は?

旅行などと台風が重なってしまいそうなとき、気になるのが新幹線の運休や飛行機の欠航ですね。風速いくつ以上だと運休など決まっているのか調べてみました。

鉄道

新幹線:風速20m/s以上で段階的に徐行や運転見合わせ

在来線:風速25m/s以上運休

強風対策として防風柵等を設置した区間においては、運転規制を行う風速値が違うのですが、上記の風速を目安にしておきましょう。

鉄道は風速だけではなく、雨量でも運休になることがあるので台風の時は各鉄道会社の運行状況はをチェックしておきましょう。

関連サイト台風で新幹線がまさかの運休?!旅行先で困らないようにするには?

飛行機

実は飛行機の場合、風速がこれ以上なら欠航という数字は出ていません。
飛行機は風速もの他にもその風がどちらから吹くのか、到着地の状況はどうなのかなどいろいろな条件で欠航が決まります。

台風の場合は事前に進路や暴風域の状況などが予測されるため、比較的早い時点で欠航が決まります運休や遅延の見込みは1週間ほど前からわかることもあります。

搭乗前日から当日に遅延や欠航、天候調査がある場合など航空会社によってはメールで情報を受け取るサービスもあります。台風の時を問わず、登録しておくと便利ですね。

関連サイト台風の発生時期と知っておきたいメカニズム

まとめ

一言に台風と言っても大きさ、強さで受ける影響はずいぶん違うんですね。

台風の時に出かけないといけない時は十分注意が必要ですが、出来れば予定をずらすことも考えてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存