敬老の日は何歳以上?敬老の日対象年齢アンケート結果は?

keirou

敬老日が近づいてきたらお祝いしなきゃと思いつつも、お年寄り扱いしているって嫌がられるんじゃないかと気になりますね。昨今は若いおじいさんおばあさんもいるからなおさらです。

敬老日の由来やアンケート結果から、敬老の日の対象年齢はどれぐらいなのかリサーチしてみました。

関連サイト敬老の日おじいちゃんとおばあちゃんに贈るメッセージは?

関連サイト敬老の日のメッセージカードの孫や子供から老人ホーム宛の例文 

関連サイト敬老の日のおばあちゃんへのプレゼント世代別おすすめ3選

スポンサーリンク

敬老の日の由来は?

敬老の日は趣旨は「多年にわたり社会に尽くした老人を敬愛し、長寿を祝う」ことです。

現在、敬老の日は9月の第3月曜日に設定されています。

9月の第3月曜日に変わったのは2003年からなので、以前の敬老の日を覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それまでは9月15日でした。

現在、9月15日は祝日ではありませんが老人の日に設定され、その日から1週間が老人週間となっています。

敬老日の始まりは1947年に提唱された「としよりの日」が始まりです。

全国に広まる過程の中で「としより」という表現はよくないということで1964年に「老人の日」と改称され、その翌年には祝日として「敬老の日」として設定されました。

このように「としよりの日」⇒「老人の日」⇒「敬老の日」と改称されてきたのですが、やはり最初のイメージからか、敬老の日には「としより・老人」のイメージが付いていますね。

そのため、敬老の日でお祝いされるのは「としより」扱いされてると考える人が多いようです。

敬老の日は何歳から?アンケート結果は?

敬老の日については何をプレゼントするのか、何を欲しがっているかというアンケートもあるのですが、ずばり「敬老の日は何歳からだと思いますか」というアンケート結果があったのでグラフにしてみました。

keirou_anke

全世代で見てみると、半分近い方が70歳以上と考えています。

ここで興味深いのが、20代から40代の半数以上が60歳以上が敬老の日と考えていて、逆に敬老の日の対象と考えられている60代以上の方は70歳以上が敬老の日対象と考えていることです。

世代によって老人と考える年代がばらばらで断定できませんが、アンケート結果から敬老の日は70歳以上が一つの目安になると考えられますね。


スポンサーリンク

敬老の日、実際には何歳から祝う?

敬老の日は70歳以上という一つの目安がありました。

ですが、保育園などで敬老の日のプレゼントづくりがあったりしますよね。その時のおじいちゃんやおばあちゃんは若いと40代だったりするかもしれません。

こんな時はどうすればいいのでしょう。

家族以外を敬老の日にお祝いする場合は70歳以上を目安でいいでしょう。ですが、家族であれば敬老の日の本来の趣旨とは違いますが、孫がおじいちゃん、おばあちゃんに感謝を表す日としてお祝いするのはいかがでしょう。

孫からのお祝いならば、若いおじいさんもおばあさんも、きっと喜んでくれるはずです。

孫もだんだん大きくなってくると帰省も一緒にしなくなったりで、おじいさんおばあさんとも疎遠になりがちです。せめて敬老の日はおじいさんおばあさんと一緒に過ごしたり、プレゼントを送ったりしたいものですね。

関連サイト敬老の日は花を贈ろう♪おすすめの種類と花言葉3選

関連サイト敬老の日おじいちゃんとおばあちゃんに贈るメッセージは?

まとめ

敬老の日はお年寄りの日と考える方も多く、何歳ぐらいからお祝いをすればいいか迷うところでしたね。アンケート結果はいかがだったでしょう?思っていたような年代でしたか?

孫からならば、敬老の日を祝われて喜ばないおじいちゃんおばあちゃんは居ません。いい思い出づくりしたいですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存