みなとこうべ海上花火大会の無料観覧席や穴場スポットおススメは?

minatokoube2

みなとこうべ海上花火大会は8月に神戸市の神戸港会場で行われている、兵庫県で最大規模の花火大会です。

今年は昨年より有料席が減ってしまったため、無料席で観覧する方が増えるかもしれませんね。みなとこうべ花火大会は数々の無料観覧席があります。
みなとこうべ海上花火大会無料観覧場所へのアクセスも一緒にまとめてみました。

関連サイトみなとこうべ花火大会はいつ?有料席やアクセス情報をチェック!
スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会はいつ開催される?

みなとこうべ海上花火大会は観覧者数25万人以上、打上げ数約10,000発の花火が神戸の夜景と共に楽しめるスポットがありとても人気がある花火大会です。今年の開催日程が決定しました。

開催日時:2016年8月6日(土)19:30~20:30
雨天決行、荒天の場合中止

みなとこうべ海上花火大会無料の観覧場所は?

有料席を手に入れられなかったり、やっぱり屋台(飲食ブース)も楽しみたいよねっていう時のために無料の観覧場所をまとめてみました。
お勧めは神戸の夜景をバックに花火を楽しめるポートアイランド北公園やポーアイしおさい公園です。

兵庫ふ頭

観覧場所の一部は、ハートフルゾーン(障害者観覧エリア)が設置されています。
観覧席は地面が汚れていることがあるので敷物を用意しておきましょう。

シャトルバス:市営地下鉄中央市場前付近⇔兵庫ふ頭
昨年は往路14:00~19:30、帰路20:00~22:00頃まで運行していました。

ポートアイランド北公園

打上げ場所からも近く飲食ブースもありお祭り気分で観覧できる場所ですが混雑は少なく、意外な穴場スポットになっています。

アクセス:ポートライナー「中公園」駅から北へ徒歩約6分

ポーアイしおさい公園

ポートアイランド西側海沿いの公園で神戸の夜景と共に花火が楽しめる人気のエリアです。

南北に広がる公園で、例年南側が比較的空いています。
出遅れたと思った時は南側に向かいましょう。

アクセス:ポートライナー「中公園」または「まなとじま」駅から西へ徒歩約10分
シャトルバス:市役所前⇔ポーアイしおさい公園
昨年、往路は市役所前14:30~19:30、帰路は20:00~22:00頃でした。
シャトル船:ポーアイしおさい公園⇒かもめりあ(帰路のみ)

新港第1突堤

打上げ場所に最も近い場所で、南側は企業協賛席になっています。東側が無料観覧席として解放されていますが、飲食ブースもありとても混雑するポイントです。

アクセス:市営地下鉄「三宮」駅から徒歩約15分、JR「元町」駅から徒歩約20分

新港第3突堤

打上げ場所に最も近い場所で突堤先端部分に3,000人ほどのスペースがあります。
注意する点としては、飲食ブースがないこととフェリーが出航する18時以降の入場となることです。

アクセス:市営地下鉄「三宮」駅から徒歩約15分、JR「元町」駅から徒歩約20分

スポンサーリンク

新港第4突堤(ポートターミナル)

新港第4突堤では西側岸壁で無料観覧ができます。
こちらには有料席もあり、当日販売は3,600円です。前売り販売枚数が発表されていませんので、当日必ず買えるとは限らないので注意しておきましょう。

アクセス:ポートライナー「ポートターミナル」駅下車すぐ、またはJR「三ノ宮」駅から徒歩約20分

中突堤・メリケンパーク

新港第1突堤、第2突堤の次に花火が間近で楽しめる場所であり、屋台も数多く出ているのでとても人気があります。
花火も音も大迫力のこの場所は無料のため、例年18時には入場規制が実施されます。
早目に到着しておきましょう。

アクセス:市営地下鉄「みなと元町」駅から徒歩約8分

ハーバーランド周辺

ここもとても人気で大混雑するため、16時45分ごろから入場規制が始まります。
ここを観覧ポイントにする場合は早めに向かっておきましょう。

アクセス:市営地下鉄「ハーバーランド」駅から徒歩約10分

みなとこうべ海上花火場所取りの注意点

場所取りは当日14時以降になります。
それ以前にシートなどで場所を取りをしていても、全て撤去されます。
また無人の場所取りで、他人に座られても苦情は受け付けられません。席を離れる際は必ず留守番の人に居てもらいましょう。

関連サイト花火大会の持ち物これがあると便利!子供連れや浴衣の時必要なものは?

間近で開催される花火大会

関連サイト神宮外苑花火大会参加アーティストは?有料席の予約はいつから?

関連サイト東京湾大華火祭有料席は?無料席でも入場整理券が必要?!

関連サイトびわ湖大花火大会の日程は?有料席観覧席のチケットはまだ買える?

まとめ

夜景も楽しめるみなとこうべ海上花火大会は港内で行われるため、各方向から眺めることができ、観覧場所も多いのですが、他の花火大会と違って入場制限などが行われます。時間を間違えて行けなかったなどとならないよう時間のチェックも忘れずしてくださいね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存