台風18号2015最新情報!進路に変化あり!どこに上陸する?

2015年9月7日に発生した台風18号は日本の近くで発生し、朝の時点での進路と今現在の進路予想と変わっています。
上陸する恐れがある地域はどこへ変わったのでしょうか。

スポンサーリンク

台風18号2015最新情報

2015年9月7日に発生した台風18号は日本の近くで発生し、早ければ9月9日にも本州に接近し上陸の恐れもあります

今朝発表された進路予想と現在の進路はどれぐらい変わったのでしょうか。

台風18号
名称 ETAU(アータウ)
大きさ
強さ
存在地域 硫黄島の西約320Km
中心位置 北緯24度20分、東経138度10分
進行方向 北北西
速さ 20km/h
中心気圧 1000hPa
最大風速 中心付近で18m/s
最大瞬間風速 25m/s
暴風域(25m/s以上)
強風域(15m/s以上) 北側170km、南側110km

朝の時点では日本の南となっていた位置は今現在、硫黄島の西約320キロメートルに位置し、朝よりも強風域が大きくなっています

幸いなことに、それでもまだ大きさや強さが表示されてはいません。広範囲を巻き込むほどの台風ではありませんが、本州付近に秋雨前線があるため、台風が接近する前から大雨になる恐れがあります。

関連サイト雨量でわかる雨の強さと降り方。降水量との違いは?

スポンサーリンク
関連サイト台風の風速はどれぐらい?飛行機や新幹線が欠航になる風速は?

台風18号2015気象庁の進路予想変化は?

18_2_0907
出典:http://www.weathermap.co.jp/
進路が北北西から北へと変化し、中部地方が台風進路予想の中心線上となりました。

気象庁では9月9日15時に鳥羽付近に達し、その後温帯低気圧に変わり10日には日本海に抜けていくと予想しています。

台風18号2015米軍の進路予想変化は?

米軍の台風進路予想図にも変化がありました。
18_b2_0907
出典:http://www.usno.navy.mil/JTWC/
カーブを描くように岩国に伸びていた台風進路の中心線が、そのまま日本海に抜けて行くように変わっています

朝の段階では九州地方にも影響が出そうな進路でしたが、現時点では九州地方は予想進路から外れました。

まとめ

半日過ぎただけで、台風の進路に変化がありました。今の状態だと縦断だけで済みそうですが、まだまだ変化があるかもしれないので台風情報には注意しておきましょう。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存