ハロウィンでこどもにお菓子をあげる前に準備しておきたいこと。

harowin
10月といえばハロウィンですね。

ハロウィンの日は仮装した子供たちが家にやってくるかもしれません。
子供たちが訪れたら、どんな風にどんなお菓子をあげれば喜んでもらえるでしょう。子どもたちの最高の笑顔が見たいなら事前に準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンでお菓子をあげるのはいつ?

最近では9月ごろから町のショーウィンドウがハロウィン仕様になるところも多いですね。
そうなってくると、ハロウィンっていつ?という人もいるのではないでしょうか?

ハロウィンは毎年10月31日に行われます。

もともとは秋の収穫を祝い悪霊を追い出す宗教的な行事でしたが、現代ではアメリカの民間行事になっています。ハロウィン当日は子供たちがたとえば幽霊や魔女、ゾンビなどに仮装した子供たちが家を訪れ、「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)訳:お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」 という言葉を唱えながらお菓子をもらいに近所を回っていきます

このようなハロウィン行事が日本にも伝わりましたが、宗教的な行事としてではなく、娯楽行事として楽しまれています。

子供たちが家に訪れるのは、ハロウィン当日の10月31日です。

地域ぐるみの行事として行われる場合や、知り合い同士で行うときは事前に何時ぐらいに、何人ぐらいということが知らされるでしょう。そういったお知らせがなくても、仮装したかわいい子供たちがやってくるかもそれません。いたずらされないようにお菓子を準備しておきましょう!

お菓子を渡すときは、「魔女さん、お菓子をあげるから、いたずらはやめてね」など仮装した格好に合わせて言葉をかけましょう。ゾンビの仮装の子供に渡すときは、ちょっと怖がって話しかけたら喜んでくれるかもしれませんね。
仮装した格好に合わせた名前で呼んであげると、子供たちきっと大喜びでしょう。

ハロウィンのお菓子をあげる前に準備すること

まずはお菓子の選択ですね。
ハロウィンのお菓子を選ぶポイントは、小分けができることです。

子供たちはハロウィンで訪ねてきても、家に上がることなく玄関先で「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)訳:お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」と言うだけなんです。

そしてお菓子を入れるかごを持ったまま、次のおうちを訪ねていくので小さなお菓子の方が喜ばれるのです。

小分けできるとなるとクッキー、チョコレート、マシュマロ、飴やおせんべいなどが候補になりますね。

手作りクッキーなども喜んでもらえるでしょう。
でも気を付けたいのは食べ物アレルギーです。最近はアレルギーも多くなっているので、手作り品で材料に何が使われたかわからないものは、ひょっとすると食べてもらうことができないかもしれません

スポンサーリンク

アレルギーに気を付けている子供がいたら、クッキーやチョコレートではなく飴をあげましょう。飴はシンプルな材料のことが多いので食物アレルギーでも比較的大丈夫な子供が多いようです。

飴も食べられない。。という時は、お菓子じゃないけれどシールセットや鉛筆などをハロウィン用にラッピングして渡してあげると喜ばれるでしょう。

お菓子の個数は、子ども一人に小分け袋、1種類1個で十分です。
子供たちが回るおうちの数だけ、お菓子が集まるのであまり多くなってしまうと食べきれなくなってしまうことになるでしょう。

ハロウィンのお菓子をラッピングしよう

もうすでにかわいい子袋に入っているお菓子ならそのままでも大丈夫ですが、そうでなければハロウィン用にラッピングしちゃいましょう。

ハロウィンカラーのオレンジと黒のセロファンでお菓子を包んで、リボンを付けただけでハロウィン仕様になりますね。リボンを結ぶのがちょっと苦手な方は、くるくる巻いてシールで止めただけでもかわいく仕上がります。

まとめ

ハロウィンは仮装もできて子供たちにとっても、楽しみなイベントでしょう。訪ねてきた子供たちに喜んでもらえるようなかわいいお菓子を用意しておきましょう。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存