初詣はいつまでにどこへ行けばいいの?初詣事情を知りたい!

hatumoude
お正月といえば初詣。
ですが、初詣はどこに行けばいいか、いつまでに行けばいいのか、毎年行く先を変えてもいいのか等、初詣についてよくわからない方もいるのではないでしょうか。
初詣の由来とともに現在の初詣事情をお知らせしますね。

スポンサーリンク

初詣の由来

まずは初詣の由来をみてみましょう。
初詣は年が明けてから初めて神社や寺院に参拝して昨年一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈願することで、初参り(はつまいり)ともいわれます。

元々は家長が大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神に籠る習慣でした。やがて年籠りは大晦日の夜に参拝する「除夜詣」と元旦の朝の「元日詣」にわかれ、元日詣が初詣の原型になったと言われています。

江戸時代の末期までは、元日の参拝は氏神や、住んでいるところから恵方にあたる社寺に参拝をしていました。

その後、明治時代の中期ごろから「年籠り」ではなく、「元日詣」だけとなり、同時に氏神や恵方の社寺にこだわらず参拝することが一般的になりました。

鉄道の発達により遠方だった社寺へのアクセスが簡単なったことと毎年変わる恵方詣りより使いやすかったため、「元日詣」が「初詣」と呼ばれるようになりました。

初詣はどこに行けばいい?

初詣は以前ならば、氏神か恵方社寺でしたが、現在では神社・寺院のいずれでもかまいませんし、恵方も気にする必要はありません。ご利益をいただきたい社寺や近所の社寺に参拝することが一般的になっています。

合格祈願・学業成就

天満・天神系
学問の神様である、菅原道真公を祀っています。
・大宰府天満宮
・北野天満宮 など

安産祈願・厄除け・必勝祈願・長寿

八幡系
軍神「八幡神」を祀っており、勝負事全般、無病息災、家内安全の神社とされています。
・宇佐神宮
・盛岡八幡宮
・大宮八幡宮 など

商売繁盛・豊作祈願

稲荷系
稲荷大明神を祀っており、穀物・農業と産業全般の神社とされています。
・伏見稲荷大社 など

スポンサーリンク

家内安全・平和

神宮系
昔の天皇や天皇の祖先の神様を祀っていることが多く、あらゆるものにご利益があるとされています。
・明治神宮 など

縁結び

系列問わず多くの神社でご利益があるとされています。
・東京大神宮
・神田明神
・気多大社
・出雲大社
・八重垣神社 など

初詣に行くのが自分の希望するご利益があるとされる社寺以外でも、何ら問題はありません。
自分が行くことのできる社寺で昨年一年の感謝と今年の無事と平安を祈願する、この気持ちの方が大事です。

初詣はいつまでにいけばいい?

初詣に行くことを決めたけれど、いつまでにいけばいいのでしょうか。

初詣にいつ行けばいいのかについては、いくつか説があります。

  • 元旦に行く
  • 三が日以内に行く
  • 松の内までに行く
  • 1月中に行く

このように、いつまでに行くものといった決まりはありませんが、初詣は三が日以内に行くという考えが一般的です。また、参拝の時間ですが寺社が開いてる時間であれば可能なのですが、運気が高まっているのは午前中です。
ぜひ午前中に参拝し運気の上昇効果も取り入れましょう。

一年の計は元旦にありということわざもあります。
時間の都合がつくならば、ぜひ元旦に初詣をして、新たな気持ちで新年のスタートを切りましょう。

まとめ

現在の初詣事情は初詣の原型ができた時とずいぶんと変わってしまいました。
ですが、現在のように自分の行きたいところへ初詣に行けるのは、ご利益を得たい人たちにとってもうれしいことですね。
できれば三が日以内に初詣をして、気持ち新たに新年のスタートを切りましょう。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存