個人番号カードの受け取りはいつから?受取り方法や期限は決まっている?

myno
マイナンバー通知カードが2015年に届き、2016年1月から運用開始となったマイナンバー制度。

個人番号カードを申請した方は2016年1月から受け取りが始まる予定でしたが、現在の状況はどうなっているのでしょうか。
現在決まっている個人番号カードの交付予定状況や受け取り場所などをお知らせしますね。

スポンサーリンク

個人番号カードの交付予定時期

個人番号カードの交付予定スケジュールが発表されました。マイナンバー通知カードも当初の予定よりずいぶん遅れた発送だったので、もしかすると個人番号カードの受け取りスケジュールも遅れてしまうかもしれませんね。
個人番号カードの申請率は公表されていないので、どれだけ集中するのかも想像できない状況です。

個人番号カードの交付は申請書の受領時期によって5つに分かれています
(2015年12月末時点)

申請書受領時期 差し出し時期
平成27年10月5日~平成27年11月下旬 平成28年1月中旬ごろ
平成27年11月下旬~平成27年12月上旬 平成28年1月下旬ごろ
平成27年12月上旬~平成27年12月中旬 平成28年2月上旬ごろ
平成27年12月中旬~平成27年12月下旬 平成28年2月中旬ごろ
平成27年12月25日~平成27年12月末 平成28年2月下旬ごろ

個人番号カートを受け取る際に必要な「交付通知書」は、マイナンバー通知カードと同じように、郵便局に差し出されます。自治体によっては交付窓口の混雑を避けるために、交付書の発送調整をすることがあるため、差出予定日が過ぎてもなかなか届かないことがあるかもしれません。

自分が申請した時期は?

オンライン申請をした方は「【個人番号カード】申請受付完了のお知らせ」というメールを探してみましょう。お知らせの届いた日から1週間後ぐらいが申込書受領時期となるでしょう。
郵送した方もポストに入れてから1週間後ぐらいを申請書受領時期と考えても問題ないでしょう。

 ⇒自分の県の配達完了日を確認する

スポンサーリンク

個人番号カードの受け取り方法は?

個人番号カードの交付通知のハガキが届いてからの受け取りになります。

個人番号カードの受け取りは自分の住んでいる自治体の交付窓口で行うことになります。
本人が病気などどうしてもいけない場合を除き、本人が直接受け取りに行く必要があります。

これは、交付の時に個人番号カードの写真と同一人物なのかチェックする必要があるからです。
同一人物でも個人番号カードに貼られた写真と大幅に違う時は、再度写真申請からやり直しとなり、その日は交付できませんので注意してくださいね。

受け取りに必要な書類

  • 交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 本人確認書類
  • 住民基本台帳カード(持っている方のみ)

本人確認書類は顔写真のある公的書類1枚、または顔写真付きの書類以外の健康保険証など2種準備しておきましょう。

個人番号カードの受け取り期限は?

マイナンバー通知カードは郵便書留で受取るためには一定の期限があり、それを過ぎてしまうと自治体に返送されていました。
個人番号カードは自治体に受け取りに行くので、どこかに返送されるというわけではありませんが、個人番号カード交付通知書に記載された期限までの受け取りが必要になります。
koufukagaki2
コールセンターに確認したところ、基本的に受取り期限は個別に設定され、約1か月ぐらいの余裕を持たせてあるとのことでした。受取る人が窓口に集中しないように一応の期限を設定しているのかもしれませんね。
できるだけ期限内に受け取れるように予定を調整しましょう。

仕事を持っている方が気になるのは、土日の受け取りが可能なのかということでしょう。
土日受け取りを実施するのかしないのかは各自治体に任せられています。交付ハガキが届いたら土日の受け取りも可能なのかホームページや電話などで確認をしてみましょう。

関連サイト【まとめ】マイナンバー制度知っておきたいこと

まとめ

自分が申請した個人番号カードがいつぐらいに交付されるのかだいたいの目安はついたでしょうか?
年内に申請すれば1月中にもらえると思っていたのですが、私の分は2月上旬予定になっていました。
余裕を見て2月いっぱい待つつもりでいた方がいいのかもしれません。

それまでにマイナンバーの提示が必要になった場合はこちらを参考にしてくださいね。

 関連サイトマイナンバー提示の際に個人番号カードがない場合の必要書類は?

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存