氷点下の森のライトアップや氷祭りプログラム アクセス方法をチェック!

jyuhyiu
飛騨高山にある氷点下の森をご存じでしょうか。
雪景色とイルミネーションが融合しカラフルに彩られ氷点下世界の包まれた氷の森。

他ではなかなか見ることができない景色でしょう。
ライトアップだけではなく年に一度行われる氷祭りも他とは違うイベントが楽しめます。そんな氷点下の森のライトアップ期間やアクセス方法、氷祭りのプログラムをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

氷点下の森ライトアップ期間

冬は雪に覆われてしまうイメージの飛騨高山、その中でもマイナス10℃まで冷える極寒の山中に一軒宿「秋神温泉旅館」があります。

この温泉宿が1971年(昭和46年)から、この寒さを逆手に取り作ったのが氷点下の森です。
すっかり冬の風物詩となった氷点下の森は、敷地内の木々にホースで水をかけ凍らせて自然を生かしながら作られています。

昼間はブルー、夜はカラフルな照明でライトアップされた幻想的な森が浮かび上がります。雪ではなく、氷の中を歩くことはなかなか経験できることではないでしょう。氷点下の空気の中、ライトアップの澄んだ輝きは大切な人に見せたくなる幻想的な景色です。

秋神温泉旅館
住所:岐阜県高山市朝日町胡桃島355
電話番号:0577-56-1021 (秋神温泉旅館)

スポンサーリンク

ライトアップ期間:毎年1月1日~3月31日
ライトアップ時間:夕暮れ~21:30
入場料:無料

氷点下の森に行く時は寒さ対策をしっかりしておきましょう。氷点下の寒さは地面からもやってきます。
タイツの上から厚手の靴下を履いてミニカイロを入れておくぐらいが安心かもしれませんね。

氷点下の森 氷祭り内容

氷点下の森では年に一度、氷祭りが行われます。
毎年2月の第二土曜日開催となっており、2016年は2月13日(土)の予定です。

開催時間:16:00~21:00
開催場所:秋神温泉氷点下の森
入場料:無料
イベントの中でも人気なのが、凍るシャボン玉と花火です。
シャボン玉が凍るって知っていました?こんな感じです。

普通のシャボン玉は氷点下10℃以下にならないと凍らないため、凍ったシャボン玉はなかなか見ることができないでしょう。

氷祭りでは、風に吹かれて手元までシャボン玉来ることがあります。
手に取れたらラッキーですね。

氷祭りプログラム

今年の氷祭りの内容はまだ発表されていないので、参考に昨年のプログラムを紹介しますね。

時間 内容
16:30 神事
17:15 氷祭り開会宣言
☆西洞地区 獅子舞
17:35 餅つき体験
18:00 ゲーム大会
栃の実運び・氷引き競争・丸太ころがし
18:30 シャボン玉パレード
18:50 Jus-Tis(ジャスティス)コンサート
19:20 氷の太陽とライトアップ
愛と平和 LOVE&PEACE 平和の灯
20:00 氷の王様あいさつ
☆花火点火式
☆冬花火
20:20 お供え物まき
20:30 フィナーレ

去年は「アナと雪の女王」のコスプレをして氷点下の森で写真撮影するのが大人気でした。
今年も何かコスプレのイベントが期待できるかもしれません。
公式サイトから発表があり次第掲載しますね。

氷点下の森へのアクセス方法

秋上温泉への道は陶器閉鎖になる道もあり、また滑りやすくチェーン必須。そのうえ氷祭りの日は大混雑です。
あったかくて、のんびり乗っているだけの電車とバスを使って向かうのをお勧めします。
 ⇒秋神温泉周辺地図

公共交通機関

電車:JR高山駅→秋神温泉行きバス1時間 バス停:秋神温泉下車、徒歩すぐ

中部縦貫道高山西ICから国道41・361号経由40km40分
駐車場:有り( 大型バスの駐車は予約必要。また、協力金必要)

まとめ

2月半ばの高山の山中はまさに極寒といえる状況でしょう。その分氷の透明度も増してキラキラと美しい様を見ることができるのですが、防寒対策はしっかりしておきましょうね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存