友チョコと義理チョコの違いはこれだった!間違えないチョコの渡し方。

choco
バレンタインのチョコといえば、本命チョコ、義理チョコメインだったのはもう昔の話しで、今は友チョコ、義理チョコ、ファミチョコ、逆チョコ等々いろんな呼び名でチョコを贈ることが増えてきましたね。
その中でも違いが分かりにくい友チョコと義理チョコの違いを調べてみました。それぞれのチョコの意味を知って間違えない渡し方をしましょう。

スポンサーリンク

義理チョコってどんなチョコ

バレンタインデーが日本に定着したのが1970年代後半です。西欧・米国の風習とは違い女性から男性に愛情をこめてチョコを贈る日本独自の習慣として発展していきました。
その後1980年ごろに登場したのが義理チョコです。

義理チョコは上司や同僚、友達など恋愛感情を伴わない異性に贈るチョコレートです。
異性といっても、日本では女性側がチョコレートを渡す習慣なので、必然的に贈る相手は男性になりますね。

1980年代半ばはバブル期であったこともあるでしょう。義理チョコのお返しは10倍返しもざらで、女性側にとっては義理いえ、ちょっとしたイベントでした。(男性側は大変だったかもそれませんが、、)

その後バブルがはじけたこともあるのか、社内等での義理チョコ廃止の風潮も高まり、現在ではすっかり衰退傾向になっていますね。

現在の義理チョコは個人的にというよりも、女性一同で箱入りのシェアできるようなチョコレートを買い「男性のみなさんで召し上がってください」といった渡し方をすることが多くなりました。

この様な義理チョコならば、贈る方も贈られる方も負担にならないでしょう。
 ⇒楽天:個袋・個包装・小分けチョコレート&スイーツ

友チョコってどんなチョコ?

日本のバレンタインは女性から男性へ愛情を込めたチョコを贈るイベントですが、2000年頃から女性が女性にチョコレートを贈る「友チョコ」が広まってきました。

チョコ売り場で可愛いチョコを見つけ「可愛い~~!でも義理チョコにはもったいない。。そうだ○○ちゃんにプレゼントしよう!」ということから始まったのではないかと個人的には思っています(笑

友チョコも恋愛感情がない相手ということなら義理チョコと同じじゃない?と思いがちですね。
義理チョコの大きな違いは、友チョコはバレンタインに贈りあうことでしょう。
友達やクラスの女子で贈りあうので、チョコの交換会のような状況になることもある楽しいイベントですよね。

女性同士ということもあり友チョコはかわいさ重視です!
手作りが多いのも友チョコの特徴ですね。

いつも仲良くしてくれる友達に日頃の感謝を伝えるには絶好のチャンスです。
可愛いチョコプレゼントしちゃいましょう。
 ⇒楽天:ネット限定チョコレート&スイーツ

今のところ友達でも男性に渡す場合は「義理チョコ」になるのでお間違えなく。
逆チョコも一般的になったら、異性間の友チョコもありうるかもしれませんね。

まとめ

義理チョコと友チョコの違いをまとめてみましょう。

恋愛感情がない相手に贈るという点では同じですね。
違いの一つは贈る相手。義理チョコは男性、友チョコは女性に贈ります。
もう一つの違いは友チョコは贈りあうということ。

友チョコはバレンタインにお互い贈りあうのでホワイトデーがありません。
あらためてお返しを考える必要がない友チョコは、その気軽さと自分たちもチョコをもらうことができる楽しさから急速に広まったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存