電力自由化のメリットは?電力会社比較のチェックポイント

denkyu

2016年の4月から電力自由化になるのをご存知ですか?
ニュースなどでよく耳にすることも多くなってきましたね。
電力自由化はどんな仕組みなのか、自分達にとって電力自由化はメリットはあるのか、どのぐらい電気料金が変わるのかなど気になることが多いですよね。

そこで今回は電力自由化の仕組みと私たちにとってのメリットやデメリット、電気料金がどれぐらい変わるのかをどうやって調べればいいかなどをお伝えしますね。

スポンサーリンク

電力自由化の仕組みとメリット

法律の改正によって2016年4月から電力の小売りが全面自由化されます。このことを電力自由化といいます。

これまでは地域ごどにある電力会社がその地域へ電力を供給していました。東京電力とか中部電力とか地方の名前が付いた電力会社ばかりでしたよね。

電力自由化により、もともとあった地域の電力会社以外の会社が各家に電気を供給できるようになりました。
石油会社やガス会社インターネット関連会社など、その数はなんと100社以上にのぼります。
ニュースではauやソフトバンクなどの携帯会社の参入が話題になっていますね。

新規参入してくる電力小売り会社からは携帯電話やガスなどセットで割引など電力料金が割安になるサービスが提供されるようになります。

今までは電力会社を選ぶことができなかったので、電気料金が高いなぁと思ってもどうしようもありませんでした。
それが電力の自由化によって割安料金の電力小売り会社と契約することができるようになります。このことが私たちにとっての最大のメリットですね。

電力小売り会社はどこも電気を作っているの?

新しく電気を供給する電力小売り会社は発電をしているのかって気になりませんか?

実は小売りには二つの方法があります。

  • 自社で発電した電気を売る
  • 他社から買った電気を売る

他社から電気を買ってセット割りなどで割引しても会社が経営できるということですよね。
電力の原価はいったいどれぐらいなのか気になるところです。

電力自由化で新たに契約した電力小売り会社が小さいところだったら、電気が足りなくて停電になったりする可能性があるのでは?と気になったりしませんか?

その点は大丈夫です。

足りなくなった電力を他で供給して家庭には必ず送配電会社(電柱会社)が電気を届けてくれます。
供給した電力が契約している小売り電力会社よりも高い場合はその差額は電力不足を起こした小売り電力会社の負担になり、私たち消費者が払う電力料金は変わりませんので安心してくださいね。

スポンサーリンク

自由化なった時のデメリットを敢えてあげるとするならば、電気料金の滞納をした時に電気が止められるまでの期間が従来より短くなると言われていることでしょうか。
ですが電気料金の滞納は契約の不履行なので、電気が止められても仕方がないことですよね。

今は電気料金について国の審査がありますが、電力自由化によりその審査がなくなります。このことによってコストがかかったから電気料金を上げますといったことが容易にできるようになります。その場合は他の電力小売り会社に乗り換えればいいのですが、他も全部値上がりするのでは、、といった心配は残りますね。

電力小売り会社を比較する時のポイント

私自身でいうならば、自分の住んでいる地域にどんな電力小売り会社が参入してくるのかわかっていませんでした。同じような方も多いかもしれませんね。

参入してくる電力小売り会社がわかったとしても、1社ごとに電気料金のシミュレーションをするのは大変です。
そこで私は電気料金の比較サイトを使ってみました。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

今の電力会社からの料金明細を準備し、郵便番号や今の電力会社を選ぶなど7つの質問に答えると、どこの電力小売り会社だとどれぐらい割引になるかをシミュレーションしてくれます。

比較する時のチェックポイント

上記のサイトでチェックする際は値段だけではなくプランの詳細も確認しましょう。
契約期間がありその期間内に解約する場合は違約金がかかるところもあります。
またセット割りの場合、条件も確認しておきましょう。ガス代がいくら以上だったら等といった条件試算されている場合、その額に到達せず実際は割引が効かなかったということも無いとは言えません。

シミュレーションをすることにより、自分の生活パターンでプランが変わるということが実感できると思います。
私の場合今の電力会社から新規参入の会社に変えた場合、今までより電気料金が上がってしまう結果になりました。

シミュレーションした結果、大きく割引になる電力小売り会社がない場合は、乗り換えを急ぐ必要はないでしょう。

まとめ

電力自由化についてはテレビで取り上げられることが多くなり、自分はどうすればいいの?とか気にかかる方も多いでしょう。特に○日までに申し込めばお安くなりますなどといったCMが流れると申し込まなきゃ?!と思ってしまうかもしれませんね。そういった時も慌てても申込をせず、契約内容をしっかりチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存