お七夜のお祝いは生まれて何日目?用意しておきたいものまとめ。

ositiya
待望の赤ちゃんが生まれて初めての行事でもあるお七夜をご存知でしょうか。
おじいちゃんおばあちゃんから「お七夜どうするの?」と聞かれて初めてお七夜のことを知る方が多いかもしれませんね。

お七夜とはいったいどんな行事なのでしょうか。
いつ、どんな準備が必要なのかといったことをお伝えしていきます。
初めてのお七夜の参考にしてくださいね。

関連サイトベビー用品購入せずレンタルするのもあり?レンタルのデメリットは?

関連サイト出産準備 哺乳瓶のサイズや肌着の枚数は?赤ちゃんケアグッズも用意しよう。
スポンサーリンク

お七夜とはどんな行事?

待ちに待ったお子さんとの対面ですね!パパもママもこれから沢山の行事が待っています。
その中でも一番最初の行事がお七夜です。

お宮参り(生後約1ヵ月)やお食い初め(生後約100日目)に比べるとあまり馴染みのない行事かも知れません。
実際、私も母親からどうするのかと聞かれるまで気にしていませんでした。。

お七夜とは、生後1週間を無事に過ごすことが出来たお祝いをする日と言われています。
昔は生後間もなく亡くなる子も少なくはなく、無事に一週間を過ごせたことと、これからの成長を願い、命名のお披露目を兼ねてお祝いします。

また、平安時代では生まれてもすぐに亡くなってしまうことが多い事から産土の神に委ねられ、生まれて6日間は神の子とされ、7日目にようやく人の子として認められ命名することが出来たそうです。
元々は貴族の間で生まれた日を初夜、3日目を三夜、5日目を五夜、7日目を七夜、9日目を九夜と言い、奇数日に出産を祝う産立ちの祝いがあったと言われています。

それが江戸時代に七夜のみが残り、一般に広まったとされています。
その他には元々父方の内孫としてのお披露目として始まったのが由来という説もあります。

現在は地域にもよりますが、地域の人と集まって食事をするところもあれば、お家で夫婦や身内で済ませたり、そもそも知らなかった!とお七夜そのものをしない家庭も少なくはありません。

また、昔はママの床上げ日(お産の後、体力が回復するまで敷きっぱなしだった床を片付ける日)ともいわれていましたが、昔の習わしに従って床上げを早める必要はありません。

現在は生後6日目ほどに退院と言うこともあるので、母子の体調を優先して後日にお祝いするということも多いようです。

その為、大々的にお祝いするというよりも、身内だけで内々でお祝いすることが多くなっています。

お七夜は生まれてから何日目にするの?

お七夜というからには7日目のお祝いということはすぐにわかるのですが、生まれた日をどう数えるかにいつも悩んでしまいますよね。

現代では生まれたその日を生後0日としますが、お七夜では生まれた日を1日目として数えます。なので、生後6日目の夜にお祝いするのが一般的です。

例:5月10日出産→5月16日の夜にお祝いをします。

しかし、何よりも母子の体調が最優先なので、生まれた日を0日として数え7日後にお祝いしたり、7日にこだわらずに体調の良い日を選んでお祝いしたり、名前のお披露目を先にして後でお祝いすることも増えてきているようです。

産後の体調を優先して大勢でのお祝いは避け、内々でお祝いしたりお宮参りと兼ねてお祝いするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

お七夜のお祝いで用意しておきたいもの

実際お七夜を行う場合、そんな準備が必要なのでしょうか。
お七夜は生まれた子供の命名をする行事になります。

命名紙

まずは命名紙と筆です。
奉書紙または、半紙を横二つ折りにし、更に縦3等分に左右から折りたためるように折り目をつけます。

・右側「命名」
・真ん中右側に小さく「父親の氏名と続柄」
・中央「赤ちゃんの名前」
・真ん中左側「命名式の日付と親の名前」
(名付け親がいる場合は親の名前の左側に書きます。)
空いている所に手形や足形をスタンプして一緒に飾ることもあります。

※書き方は地域によって違うので、おじいちゃん・おばあちゃんにも確認してください。

書いた命名紙はお仏壇にお供えするのが一般的ですが、ない場合は鴨居や壁、ベビーベッドなどの目立つ所に貼っても大丈夫です。

お披露目した命名紙はお宮参りの頃に下げます。

お祝いの食事

お食事は尾頭付きの鯛や赤飯、ケーキなどのお祝いに適した料理が一般的です。
現在は頑張ったママへの労いを込めてママが好きな物を用意したり、ケータリングやルームサービスを頼む家庭も増えてきているようです。

お祝いの贈り方

お七夜に招待された場合はお祝いとしてお花や赤ちゃんの洋服やおもちゃ、お酒などを持参します。
のしは「祝 命名」や「お祝い」「祝 お七夜」が一般的です。
手土産ではなくお金を贈りたい場合は「御酒肴料」とします。

お祝いのお返しですが、お祝いの膳がお返しなので基本的に必要はありませんが、来てくださったお礼としてお菓子などをお土産として渡してもいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?先述にも書きましたが、赤ちゃんにとってもパパ、ママにとっても初めての行事になりますし、必ずしもしなければならない訳ではありません。
しかし、無事に生まれて育ってくれた事、頑張って生んでくれたママへの労いとしてちょっとしたお祝いができると良いですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存