結婚式お呼ばれ服のマナー30代ならアクセサリーやバッグはどうする?

hirouen
結婚式のお知らせは受ける私たちも幸せになりますね。
友達や親せきの結婚式に招待されたら、まず考えるのはお呼ばれ服の事ではないでしょうか。

30代の女性が結婚式の招待された時はどのような服装が好ましいのでしょう。
20代の可愛いお呼ばれ服とは少し違う、30代向けの結婚式お呼ばれ服やアクセサリーの選び方をまとめてみました。

関連サイト友人の結婚祝い、ご祝儀やプレゼントの相場はどれぐらい?

関連サイトブライダル ウェルカムボードは友人に頼むもの?お礼はどうする?
スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれ服のマナー

テレビでは沢山式場のCMが流れていて、いいなぁと憧れたり自分の結婚式を思い出したり、女性ならついつい気になってみてしまいますよね。

さて、今回はその結婚式にお呼ばれした時の服装についてお話ししていきたいと思います。

皆さんご存知の通り、お呼ばれした時の服装で白系はタブーです。

白でなくても光の反射で白っぽく見えるのもNGです。
薄いピンクや薄いベージュなどが当てはまりますが、上にネイビーやブラウンのショールなどの羽織ものを着てワンポイントを置けば大丈夫です。

白系がタブーの理由は、結婚式のメインが花嫁さんだから。
ウェディングドレスの白と被せたり、お色直しの色が被ったりするのはご法度です。
お友達の結婚式なら、事前にお色直しのドレスの色など聞いておく安心ですね。

結婚式 30代のお呼ばれ服の選び方

それでは30代のドレスの選び方です。

まずは20代の時とは肌質や体型が変わってきていることを意識しましょう。
20代では似合っていたピンクのドレスも、30代着るとしたならちょっと痛いな、、と感じることもあるでしょう。

今の年齢を意識したドレスの色や素材を取り入れましょう。
30代の肌に映りがいいのはベージュ系です。

白っぽいかな?と感じた時は濃い色を羽織り上手にコーディネイトしましょう。

30代に人気のカラーは、光沢のある青いドレスです。

大人っぽい赤色や、ワインレッドやグリーンも華やかで良いですね。

昼間の披露宴では肩が出ないようにノースリブのドレスの場合は羽織りものを忘れずに。

夜の披露宴では昼の雰囲気とは逆のドレスコードになります。
背中があいたドレスや体型のでるイブニングドレスが正装ですが、日本ではまだ夜のドレスコードが浸透していないことも考えて羽織れる物は準備しておきましょうね。

ドレスは無地でドレス丈は膝丈がベストです。
ドレスの生地はシフォンやオーガンジーが良いとされています。

ストッキングはベージュのものを選び、生足やカジュアルな黒タイツはやめましょう。

コーディネイトに迷った時は、パーティドレス専門のサイトやレンタルドレスのサイトを参考にしてみましょう。

 ⇒大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL

 ⇒パーティードレス通販ドロップス

 ⇒レンタルドレス my closet

スポンサーリンク

ここからはNG集です。
全身真っ黒コーデ
黒はどちらかというとお祝い向きの色ではありません。
ワンポイントで黒が入るのは良いのですが、上から下まで黒はやめましょう

リクルートスーツ
男性の正装としてスーツは認められていますが、結婚式での女性の正装はドレスの方です。
男性に混じって女性まで黒いスーツでは少々華やかさにかけますので避けましょう。

柄物や2色カラーのドレス
ツートーンカラーのドレスは色が別れるという意味で良くないとされているそうです。

ファードレス
最近ではウェディングドレスの中にもファーをあしらっているものがあり、全くダメだと言うわけではなくなってきているそうですが、殺生をイメージするので避けた方が良いかと思います。

チャイナドレスなどの民族衣装
コスプレイヤーと間違われるそうです。あまり奇抜なものも歓迎されたものではないようなので、やめましょう。

コットンなどのカジュアルドレス
カジュアル系のお式なら良いかもしれませんが、普通のお式の時は避けましょう。

アクセサリーやパーティーバッグの選び方

NG集でもあげましたが、大前提として殺生をイメージするファーもの、革もの、アニマル柄のものはNGです。
ビニール製のものや紙袋もたとえブランド製のものであっても見栄えが良くないので避けましょう。
華やかになるようにビーズやスパンコールを使ったものがおススメです。

袱紗もパールやリボンで華やかにするとなおいいですね。

トートバッグなど大きなカバンや荷物はクロークに預け、披露宴会場には小ぶりなパーティーバッグで背もたれに置いても邪魔にならないサイズのものがだけ持込ましょう。
バッグの中は、ハンカチや貴重品など少しだけ入れて行きましょう。

アクセサリーですが、ゴールドやジルコンなどキラキラしたものはNGです。
披露宴に招かれた方はパールやコサージュ、ムーンストーンなどの半貴石のものを選びましょう。

最後に靴についてです。
結婚式におすすめなのは3cmほどの細めのヒールパンプスです。
ミュールやオープン・トウのものは避けましょう。
つま先が出る=妻が先に出るという意味があるので、NGの対象です。

オシャレと言えばブーツも結婚式ではマナー違反になるので気を付けましょう。

最後に

いかがでしたか?
結婚式のお呼ばれ服も年代によって変わってくるんですね。
きちんと下調べしていかないと、うっかり20代の時の服を着てしまった日には「若作りしてる」なんて言われかねないですね。

私はまだ短大生だった時に1度だけ、いとこの結婚式に出たことしかないのでパーティードレスなんて持ってないし知識も白はダメだとか、キラキラしたアクセサリーはダメ、くらいの知識しかありませんでした。

調べてみたらNGな服装やアクセサリーなどたくさん出てきたので知識不足を反省しました。
これから先、周りの友人も結婚していくことを考えると、事前に下調べしてマナー違反にならないよう心がけていきたいですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存