五月病とは?まずは症状をチェック!原因や治し方 予防法を知っておこう。

gogatu
なんとなく元気が出なかったりやる気がわかなかったり、、
これってもしかしたら5月病かも?!と気になったりしませんか?
そんな時はまず症状をチェックしてみましょう。

今回はどうして五月病になってしまうのかといった五月病の原因や五月病なってしまった時の治し方をお伝えしていきますね。

関連サイト梅ジュースで夏バテ防止 作る時期や作り方、保存のポイント

スポンサーリンク

五月病なのか症状をチェックしてみよう

新年度に新しく職場がかわったり、新入社員でまさに新しい環境に一歩踏み出した方は大勢いらっしゃるかと思います。

もうお仕事に慣れたでしょうか?
もしかしたらこんな症状に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

  • イライラが止まらない
  • なぜか落ち着かない
  • 憂鬱な日が続く
  • やる気が出ない
  • 仕事に行きたくない
  • よく眠れない
  • 食欲がわかない
  • 運動していないのに疲れを感じる

などなど。

上記で当てはまるものが多い方は、もしかしたら五月病かもしれません。

※上記以外にも症状はありますので、これが当てはまらないから違うとも限りません。

五月病の原因はなに?

五月病チェックに上げた症状ですが、原因の多くはストレスによるものです。

4月になって晴れて社会人の仲間入りを果たしたは良いが、新しい環境になかなか慣れることができない。
自分の思うように動くことが出来ないなど、自分では意識していなくてもストレスがかかっていることもあるのです。

そして、五月病にかかりやすいタイプには特徴があるようです。

  • 真面目タイプ
  • 完璧主義タイプ
  • 几帳面タイプ
  • 内向的タイプ
  • 責任感が強いタイプ
  • 周りを気にするタイプ
  • 融通がきかないタイプ
仕事に真剣で自分に厳しいからこそドンドン塞ぎ込んでマイナス思考に陥り、五月病になるというケースは珍しくありません。
自分の意見を通したいばかりに躍起になってストレスを抱えている方もまた然り、です。

環境が変わったことが原因になることが多いため、5月に限らず環境が変わって一か月ぐらいたった頃に同じような症状に悩まさされことがあるかもしれません。

五月病の治し方

五月病の原因は、多くの場合がストレスですので、基本的に何もしなくても治っていきます。
1週間、2週間たっても治まらないからと言って焦る必要もありません。

まずはストレスを発散しましょう。
もちろん、これだけが解決方法ではありません。

  • 規則正しい生活習慣を送る
  • よく眠る
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きな映画を見に行く
  • 適度に体を動かす

などなど。

大事なのは自分の好きなことをしたり、好きなものを食べたりして自分をいたわることです。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの過ごし方

ゴールデンウィークは新しい環境で抱えたストレスを発散出来るように連休になっているという説があります。
ですが、そこで生活習慣が乱れてそのまま連休明けを迎えてしまうと体は辛いですよね。

なので、自由に時間を使うことはいけない事ではありませんが、連休が終わるまでには元の生活リズムに戻すように心がけましょう。

しっかり睡眠をとることで体の疲れを癒してスッキリすることも大切ですし、体を動かすことでストレス発散に繋がることも多いでしょう。

長い連休ですし、映画やレジャー施設に出かけるのもありですし、趣味に興じるのも自由です。
好きに時間を使える間に溜まったストレスを発散させるのが何よりの治療方法だと思います。

五月病の予防方法

五月病の予防としては、何度もお伝えしてりますが、ストレスを溜め込まないことです。

忙しいお仕事の合間に趣味の時間を設けたり、仕事が終わってから誰かに愚痴を聞いてもらったり、相談にのってもらったり、色々な方法があります。

言うことが難しかったら紙に書いてグシャグシャにしたりビリビリに破いたりするのも有りだと思います。

自分が1番スッキリする方法で解消しましょう。

最後に

新しい環境になってすぐに慣れる方もいますが、慣れることに時間がかかる方ももちろんいらっしゃるでしょう。

仕事への意気込みも大切ですが、最初から出来ないのは当たり前です。
何度も失敗しながら覚えていくものです。それは子どもでも大人でも同じだと思っています。

どうしても同じミスをしてしまう場合はそれをメモして自分なりに対策を考えたり、先輩にアドバイスをもらったりしたら良いのです。

出来ない事は恥ずかしいことではありませんし、出来ないからダメだということは絶対にありません。

そもそも人間は完璧ではありません。ロボットですら完璧なものはありません。

なので、怖がらずに何でも話せる友人がいらっしゃるなら話しを聞いてもらいましょう。

そして、身近に五月病のような方がみえたら、アドバイスするのではなく、ただ話しを聞いてあげてください。
話しを聞くだけで、破裂しそうな風船を絞ませてあげることが大切だと思っています。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存