梅雨時に洗濯物が臭い原因は?対策と気になる臭いの取り方

sentakuyama
ジメジメと雨の続く梅雨がやってきましたね。
皆さんはどのように洗濯物を処理していますか?大量に詰め込んだりしていませんか?

洗濯物は洗濯の方法によって臭いがついたりします。
今回はその臭いの原因や臭いの取り方をお知らせしますね。

関連サイト梅雨時に増えるカビへの効果的な対策や掃除方法のポイントは?

関連サイトレインブーツ素材やブランド選びのポイント。靴の臭いは防げる?
スポンサーリンク

梅雨の洗濯物が臭う原因は?

最近は柔軟剤もいろんな香りのものが出ていて、洗濯物もいい匂いになりますよね。
柔軟剤を使ったはずなのに、変なにおいがする時はありませんか?

洗濯物のいやな感じの臭いの原因は雑菌です。
日に当てて乾かせば雑菌の繁殖は防げますが、梅雨時期の室内ではそうもいきません。

湿気が大好きな雑菌が洗濯物にくっついて大繁殖してどんどん臭うわけです。

他の原因としては洗濯機の臭いが付いてしまったことも考えられます。
洗濯物を詰め込みすぎてたり、洗濯機が汚れている可能性もあります。

洗濯物の臭い対策

洗濯ものについた雑菌の繁殖で臭いが発生している場合の対策をいくつかあげてみます。

洗濯時の対策

湿った洗濯物を、放置したままにしない
汗をかいた衣類や濡れたバスタオルを洗濯機に入れたまま放置するのは止め、すぐに洗濯をしましょう。

お風呂の残り湯を使わない
入ってすぐのお湯なら問題はないのですが、1日たつと雑菌が繁殖してしまい、そのお湯を使うことで雑菌と洗濯物が仲良しになっていまい、臭いの元になってしまいます。

部屋干し用の洗剤を使う
部屋干し用に設計された洗剤は菌の繁殖を抑える作用がプラスされています。

しっかり洗う
洗濯物をしっかり洗うことで雑菌が付かないようにします。

しっかり脱水する
脱水をすることで早く乾かすことができます。風乾燥機能を使うのもいいでしょう。

洗濯物の干し方

すぐに干す
洗濯終了後は放置せず、すぐに干しましょう。
早く乾かすことで湿気をとり、雑菌がつかないようにしましょう。雑菌がつかなければ臭いも発生しません。

エアコンの除湿+扇風機
除湿をかけることで湿気が減り雑菌の繁殖が防げます。扇風機をかけることで更に早く乾かすことができます。

お風呂に干す
お風呂が乾燥室になっている家もあるでしょう。乾燥室とは言わなくても、お風呂には換気扇がついているところが多いですよね。
換気扇をつけることで湿気を外へ逃がすことができ、雑菌が付着することを防げます。

アイロンを当てて乾かす
熱で雑菌が死滅するので臭いません。

カーテンレールに干さない
湿気が沢山あつまるような窓際に干すとせっかく洗った洗濯物が雑菌の繁殖地になってしまいます。
窓際やカーテンレールではなく、他のところに干すようにしましょう。

また、洗濯物を干す際は洗濯物同士がくっつかないように干しましょう。
洗濯物同士がくっついていると、その場所だけ乾きが遅くなって湿り気が残り、雑菌が付着する原因になります。

スポンサーリンク

洗濯物についた臭いの取り方

洗濯ものが臭いかも?と思ったらすぐに臭いを取る方法を試しましょう。
放っておくと臭いは取りにくくなっていきます。

まずはキエルキンをスプレーしてみましょう。
衣類に付着している菌類を攻撃して除菌するので、生乾きの嫌な臭いに効果的です。
 ⇒キエルキン

熱湯ですすぎ洗い
タオル系ならば熱湯ですすぎ洗いしましょう。
熱湯により雑菌が死滅するので臭いが取れます。

酵素系の粉漂白剤を使う

酸素系の粉漂白剤で1時間お湯につけおいて再度洗濯します。粉の分量は容器の説明文をよく読んでください。

重曹とクエン酸につける
お湯1Lに対して重曹大さじ1、クエン酸ひとつまみを入れて浸け置きした後に洗濯をします。

天気の良い日に天日干し

日光に当てることで雑菌が死滅し、臭いが取れます。

洗濯機の掃除
洗濯機もお掃除が必要です。使いっぱなしだと洗濯槽のどこかに汚れがついていたり、洗剤が固まってしまったりと臭いの原因になります。
洗濯槽の掃除用洗剤などもありますので、そちらを活用しながらお掃除しましょう。

 ⇒関連サイト洗濯槽のカビ取りに最適な酸素系洗剤を効果的に使う方法は?

まとめ

梅雨に入るとどうしても気になるのは洗濯物の臭いです。
外に干すことが出来ないので室内に干さざるを得ない中でできる工夫もたくさんありました。

室内で干す時も風を通して湿気が溜まらないようにすることが大切です。

洗濯槽の掃除も大切ですね。
洗濯槽だけを洗うことに抵抗がある方は、洗濯物洗剤の中には洗濯槽に菌の餌を残さないものあるので、そういったものを使うと良いかと思います。

我が家ではアリエールEXを使っています。
ニオイの元となる皮脂・角質などの”菌のエサ”までしっかり除去できるので便利です。

干す場所によっても雑菌はどんどん増えてしまいます。
実家では洗濯場に屋根がついていて室内干しのような感じになっているのですが、狭くて洗濯物がくっついているのは常でした。

あまり臭いが気にならなかったのはおそらく柔軟剤が強めだからなのかも知れませんが、干し方を変えるよう伝えました。
嫌なにおいを臭いでごまかすのではなく、雑菌のない洗濯物を家族に使ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存