赤ちゃんの紫外線対策はいつから?散歩の時に日焼け止めは必要?

sanpo

お散歩など赤ちゃんとの外出で気になることは沢山ありますね。
紫外線・虫さされ・植物や動物のかぶれなどなど。

今回はその中の紫外線について、紫外線対策はいつから始めればいい?
日焼け止めは必要?などといった疑問についてまとめてみました。

関連サイト扇風機の羽なしの仕組みは?電気代や音はどう?赤ちゃんにもよい?

関連サイト今年の夏も暑くなる?赤ちゃんの熱中症予防と対策はコレ。室内でも注意!

関連サイト熱中症対策の経口補水液手作りレシピ。赤ちゃんへの与え方は?
スポンサーリンク

赤ちゃんの紫外線対策はいつから?

赤ちゃんの紫外線対策自体は生まれてすぐから必要です。

弱酸性のボディーソープやシャンプー、リンスなどを使うことからも赤ちゃんの肌がデリケートなのはよくご存じでしょう。

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚の半分以下の厚みしかなく、紫外線の影響を受けやすいのです。
すぐに赤くなったりはしませんが、シミ・そばかす・癌の原因になります。

また、生後2ヵ月をすぎると肌の水分量が低下するので、保湿ローションや紫外線防止剤などを使ってケアしていきましょう。

日焼け止め自体は、6ヵ月未満の赤ちゃんにはあまり使わない方が良いようです。

これは日焼け止めの中に入っている成分によるアレルギーで出やすいからといわれています。
ただ、中には赤ちゃん用に作られた日焼け止めももちろんあるので、説明をよく読んで使ってあげると良いと思います。

散歩のときの紫外線対策方法

出来るだけ紫外線を浴びたくない、そんな時の対処方法です。

ココナッツオイル・シアバターを塗る
どちらもSPFが低く、日焼け止めとしては使うことができませんが、6ヵ月未満の赤ちゃんで日焼け止めを使ってはいけないといわれている赤ちゃんにはオススメです。

ココナッツオイルはビタミンD生成に必要なUV-Bを全カットしないので、ビタミンD不足を防ぐことができます。また、日焼けのあとにも効果的です。

10時~14時の外出を避ける
この時間が1番紫外線が強いそうです。
出かける時は、袖や裾の長いものを着せたり帽子を被せて出かけましょう。

頭を守るために帽子は髪が多い、少ないに関わらず必ず被せてくださいね。

ベビーカーに日除けを付ける
ベビーカー用の日除けをつけ、薄手のガーゼケットなどをかけましょう。
日除けは上からの日差しを防ぐことは出来ても、角度によっては防げないこともあるので、準備しておきましょう。

日陰を歩く
抱っこ・おんぶ紐でお散歩のお母さんもですが、ベビーカーのお母さんも影を歩いた方がいいでしょう。
特に、抱っこ・おんぶ紐のお母さんは日傘もさしましょう。

※海や川など長時間のお出かけになる場合は、日焼け止めを塗りましょう。
日焼け止めを塗る際もパッチテストをきちんとしてからにしてください。

※赤ちゃんへのパッチテストの仕方
日の当たらないところでも良いので、炎症のない皮膚に少量塗って1日おきます。
変化がなければ、2日目は顔や首などの敏感な所に塗って様子をみましょう。
炎症が出た場合は使用をやめましょう。
スポンサーリンク

赤ちゃん用日焼け止めの選び方

まず、赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

できるだけノンケミカルで紫外線吸収剤が入っていないものや紫外線散乱剤が入っているもの、お湯や石鹸で落とせるものを選びましょう。

※紫外線吸収剤
化学合成物質であり、赤ちゃんの肌には負担がかかります。

※紫外線散乱剤
紫外線から肌を物質的に守ってくれるものです。
ベビー用と表記されているものなら安心ですね。

普通の外出ではSPF20~30、海やプールへお出かけの場合はSPF30以上のものを2時間おきに塗り直しましょう。

上記を踏まえていくつか商品をご紹介したいと思います。

ベビーセバメドUVミルク
赤ちゃんの為のスキンケアブランドです。肌がデリケートな赤ちゃんの為に研究をしているブランドで、石鹸で簡単に落とすことができます。

 ⇒楽天:ベビーセバメドUVミルク

アネッサベビーケア サンスクリーン
ノンケミカルでもしっかり紫外線からガード!ウォータープルーフも入っていて、何度も塗り直さなくて良いものです。

 ⇒楽天:アネッサベビーケア サンスクリーン

ALOBABY UV&アウトドアミスト
新生児から使えるミスト系のものです。虫除けの成分も入っていますが、赤ちゃんの肌には影響ありません。

 ⇒楽天:ALOBABY UV&アウトドアミスト

ママバター UVケアミスト
こちらも新生児から使えるミストになっています。

 ⇒楽天:ママバター UVケアミスト

ところで、日焼け止めによく表示されているSPFとPAですが、違いはご存知でしょうか?

SPFは紫外線防御指数で、紫外線により皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を防御指数倍、延ばします。
SPF30で通常10分で肌が赤くなる方なら300分まで延ばすことができます。

PAはUVA波の防止効果をあらわす目安で、PA+++++(極めて高い効果がある)からPA+(効果がある)の4段階に分かれています。

関連サイト扇風機の羽なしの仕組みは?電気代や音はどう?赤ちゃんにもよい?

関連サイト今年の夏も暑くなる?赤ちゃんの熱中症予防と対策はコレ。室内でも注意!

関連サイトベビーカーの夏対策 熱中症防止や虫よけができるグッズをご紹介

最後に

ここまで紫外線対策について書かせて頂きましたが、いかがでしたか?

これからどんどん日差しも強くなり、お母さんも紫外線が気になることでしょう。

何度もお伝えしておりますが、赤ちゃんの肌はとても敏感です。中には日差しを浴びて肌がすぐに赤くなってしまう子もいます。

かといって気にしすぎて外に出ない、ということも避けたいですね。

私自身は日焼けを気にしていなくても、初めての子にはやはり気をつけなきゃって気持ちはありますし、必ずしも影のある場所を歩けるわけでもないので、やはりベビー用の日焼け止めを使おうと思っています。

今は日焼け止めではなく、ココナッツオイルやシアバターなどでも多少の紫外線対策が出来るようなので、赤ちゃんの肌や時間と相談しながら、紫外線対策もしっかりしてお出かけしたいものですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存