ベビーカーの夏対策 熱中症防止や虫よけができるグッズをご紹介

babycar

赤ちゃんとお出かけをする時、ベビーカーや抱っこひもなどは必需品ですよね。

そのベビーカー、夏は熱中症になりやすくなる場所のひとつってご存知でしたか?
ベビーカーは便利だけれど、夏には熱中症や虫対策が必須です。

しっかり準備して赤ちゃんを守ってあげましょう。

関連サイト熱中症対策の経口補水液手作りレシピ。赤ちゃんへの与え方は?

関連サイト今年の夏も暑くなる?赤ちゃんの熱中症予防と対策はコレ。室内でも注意!

関連サイト赤ちゃんの紫外線対策はいつから?散歩の時に日焼け止めは必要?

スポンサーリンク

ベビーカーでの熱中症防止

ベビーカーの熱中症対策はとても重要です。

安全上、囲われているということもあって、中は大人の顔の体感温度よりも高いといわれています。
つまりはとても暑いのです。

位置も地面に近いので下から登ってきた熱も中に篭ってしまうんですね。

なので、ベビーカー内の冷却は重要となってきます。
また、ベビーカーがハイシートなら高さを高くしてあげるだけでも温度は変わってきます。

(1)日差し対策

日差しの強い時間帯に出かけるのを避け、比較的涼しい朝や夕方に出かけるようにしましょう。

どうしても日中に出かける時は、直射日光を避けて影を歩いたり、通気性の良い帽子をかぶせてあげるなどしてあげましょう。

足元にバスタオルをかけている方がみえますが、それは逆に熱を閉じ込めてしまい、暑くなるだけなので、通気性のよいメッシュ素材のものなどをかけてあげるようにしましょう。

(2)体温冷却

赤ちゃんはまだ自分で体温調節をすることが出来ません。なので、夏のお出かけの際は冷却グッズなども必要になってきます。

保冷ジェルが入ったシートや、冷感ブランケットなどですね。これらはベビーカー内の温度も下げてくれるので、是非使っていきましょう。
オススメはカンガルー保冷剤です。

冷凍しても固まりすぎることがないので、赤ちゃんも気持ちよく涼を得ることが出来ます。

 ⇒楽天:ベビーカー保冷剤

ベビーカー内でかいた汗で冷え、風邪をひくことにも繋がっていきますのでマメに汗を拭くことや、着替えも重要です。

(3)水分補給

赤ちゃんは大人の3倍の汗をかきます。

なので、水分補給はこまめにしましょう。時間とかは気にせず、赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。
お茶やお水よりもアルカリイオン水が良いようです。赤ちゃん用もあるのでそちらを飲ませてあげましょう。

スポンサーリンク

ベビーカーでの虫除け

暑くなってきた時のお出かけで気になるのは熱中症だけではありません。
木陰に潜んだ虫も気になりますよね。

赤ちゃんは蚊に刺されると熱を出したり、大きく腫れたりすることがよくあります。
なので、虫除け対策もしっかりしていきましょう。

ベビーカー用の虫除けカバーをしたり、ベランダなどに吊るすタイプの虫除けを赤ちゃんの手の届かないパイプ部分に吊るしましょう。

生後6ヵ月以上であれば虫除けジェルなどを塗るのも良いですね。

6ヵ月未満で塗るタイプに抵抗のある方は、虫除けパッチを服に貼ったり、虫除けブレスを足につけてあげるいいでしょう。
 ⇒楽天:虫除けリング・虫除けバンド

肌の露出を避けたり、黒系の服を控えたり、蚊の活動時間に外出を避けるのも一つの手です。

近年はデング熱やジカ熱なども流行っています。

ただ蚊に刺されただけでも痛々しく腫れ上がってしまう子もいる中、もっと気になる病気が増えてきたのも確かです。

そういった病気から守ってあげるためにも、しっかり対策を練ってから出かけるましょう。

今回はベビーカー用の虫除けカバーをあげましたが、お家での虫が気になる方は赤ちゃん用の蚊帳もありますので探してみてはいかがでしょうか。

 関連サイトデング熱今年はどうなる?流行時の対策、虫よけ剤の効果的な使い方まとめ

関連サイト今年の夏も暑くなる?赤ちゃんの熱中症予防と対策はコレ。室内でも注意!

まとめ

いかがでしたか?
赤ちゃんとのお出かけは、気をつけなければならないことや荷物が沢山ですね。

ベビーカーはただ便利なだけではありません。
暑い日は熱中症や夏バテの危険性も潜んでいます。
そんな時は涼しい時間に、短時間のお出かけが好ましいです。

どうしても日中に出かけなければならない場合は通気性の良い帽子をかぶせてあげたり、しっかりと熱中症対策をしてから出かけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存