栗きんとんの作り方と栗きんとんレシピはこれで失敗なし!今からでも覚えよう!

57_2
秋は栗が美味しい季節ですよね!
栗ご飯にモンブラン、栗ようかん等というように栗にはいろいろな料理があります。
中でも栗きんとんはお正月のおせち料理の口どりとしても見られる料理です。

だけど、作り方が分からない方も多いかもしれません。
そんな方のために、栗きんとんの作り方と栗きんとんのレシピについてまとめましたので、是非参考にしてくださいね。

関連サイト栗本来の風味を感じる渋皮煮の簡単な作り方☆

関連サイト栗の美味しい食べ方はこちら!!厳選レシピでほっぺも落ちる♪

関連サイト栗によるアレルギー症状?!こんな症状が出たら注意!

スポンサーリンク

基本の栗きんとんの作り方をマスターしよう

まずは基本の栗きんとんを作ってみましょう。
<栗きんとん 作り方>

【材料】(1人分)
さつまいも:30グラム  塩:0.2グラム
砂糖:10グラム     栗の甘露煮:1個
みりん:3ml       くちなし:1/3個
【作り方】
1)さつまいもは皮を厚くむいて、1センチ厚さの輪切りにします。その後、水にさらします。
2)さつまいもをくちなしと一緒に煮て、熱いうちに裏ごしをします。裏ごししたさつまいもに、栗のつけ汁とみりんを煮詰めた液を少しずつ加え、砂糖もいれます。

3)木しゃもじを使って弱火で練り、適度の固さになったら、栗を混ぜて消火します。
4)熱いうちに器に広げて、送風などして急速に冷やし、つやが出れば完成です。

※ポイント
・さつまいもの皮を厚く剥くのは、皮が入ってしまうと青緑色になることがあるからです。皮はなるべく厚く剥きましょう。

・レモン汁と加えると色も鮮やかになるので使ってみましょう。

こんな作り方も?栗きんとんのアレンンジレシピいろいろ

基本の作り方を知ったところで次はアレンジレシピについてまとめますね!
お料理サイトなどを参考に自分好みのアレンジを加えていきましょう。

<はちみつ入り栗きんとん>

【材料】(約5個分)
栗:約15粒
はちみつ:大さじ1/2
砂糖:小さじ2
塩:ひとつまみ
【作り方】
1)栗を鍋で40分くらい茹でます。そしたら茹で上がった栗を半分に切ります。
2)半分に切った栗をスプーンなどで掻き出し、ボールの中で潰します。
3)潰した栗の中に、はちみつと砂糖を加えて混ぜます。
  味見をしながら塩を入れてください。
4)ラップで形を整えたら完成です!
はちみつを加えることでほんのりはちみつの味が楽しめるので、是非作ってみてください。

スポンサーリンク

<抹茶とココア、2種類の栗きんとん>

【材料】(2人分)
さつまいも:1/2本  塩:ひとつまみ
砂糖:30グラム    抹茶粉末:少々
栗:1/2瓶      ココア粉末:少々
【作り方】
1)さつまいもを乱切りにし、柔らかく煮て水分を切ります。
2)1に砂糖と塩、瓶詰めの汁を少し入れ練り合わせ、裏ごしをします。
3)さつまいものペーストが完成したら、3等分に分けます。3等分にしたものを抹茶粉末、ココア粉末、粉末なしになるように粉末を入れます。

4)ココア粉末のペーストを栗の形に形成し、抹茶ペーストのものを葉っぱの形に形成すれば完成です。
※あまったペーストは、栗を入れれば普通の栗きんとんになります。

ココアを使って栗の形を形成したり、抹茶を使って葉っぱの形を形成したりと、見た目も可愛らしい栗きんとんです。
栗だけでなくココア味や抹茶味の栗きんとんを食べることが出来るのでおすすめですよ。

あまった栗きんとんの保存方法は?

栗の美味しい季節やお正月のおせち料理で栗きんとんを作ると、あまってしまうことってありますよね。そこであまった栗きんとんの保存方法についてお話します。

常温での保存

栗きんとんは甘く作ると日持ちします。

9月や10月での常温保存は不向きなので、冷蔵庫で保存するようにしてください。
寒い冬の時期には、10℃以下の日が当らない場所でラップやタッパ―で保存しましょう。
その場合は、2日~4日くらい保存が可能です。

冷蔵保存

冷蔵庫で保存する際には、タッパーで保存しましょう。
ラップで包むのも良いですがにおいが移ってしまうので、ラップで包んだ場合には包んだ物をジッパーに入れるようにしてください。
冷蔵保存期間は2日~4日です。

冷凍保存

冷凍保存する場合は、小分けにしてラップに包んで、空気が入らないようジッパーに入れるか、タッパ―などの密封容器に入れて保存します。
冷凍すると1か月程度持ちます。
解凍する際には、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍がおススメです。

関連サイト栗本来の風味を感じる渋皮煮の簡単な作り方☆

関連サイト栗の美味しい食べ方はこちら!!厳選レシピでほっぺも落ちる♪

関連サイト栗によるアレルギー症状?!こんな症状が出たら注意!

最後に

いかがでしたか?
栗きんとんの作り方やアレンジレシピ、保存方法についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。
栗きんとんを甘く作ると日持ちするということなど、皆さんも是非、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存