郵便局の年賀状印刷は宛名も印刷してもらえる?!

136_1
最近、郵便局でいろいろなサービスが増えてきているのはご存知でしょうか。

郵便局のホームページから切手などの郵便サービス以外のもの(食料品など)がネットショッピングで購入出来たり、コンビニで荷物が受け取れるようになったり、高齢者のお宅へ訪問したり電話を行うみまもりサービスなど、様々なサービスがあります。

今回は、郵便局が提供するサービスの1つである年賀状の作成サービスについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

郵便局の年賀はがきの印刷は宛名印刷も可能!

郵便局の年賀はがきを作成するサービスについてご紹介します。郵便局には「DMファクトリー」という簡単に年賀はがきのデザイン・印刷・差し出しが注文出来るサービスがあります。

専用のテンプレートや素材、または自分で用意した画像やデザインで簡単に作成が出来ます。さらに、オリジナル年賀はがきとして通常の年賀はがきには入れることの出来ないスペース(宛名面)を活用して挨拶文やロゴなどを入れることができ、インパクトのある年賀はがきを作ることもできます。

オリジナル年賀はがきの料金は片面フルカラー印刷で100枚10,000円前後(ハガキ代別途、早期割引あり)、200枚14,000円前後(ハガキ代別途、早期割引あり)くらいになります。

両面フルカラー印刷だと100枚14,000~16,000円程度です。(ハガキ代別途、早期割引あり)宛名面に特にロゴを入れない場合は、片面フルカラー100枚7000円前後、モノクロ5000円前後できます印刷が出来ます。(同じくハガキ代別途、早期割引あり)

これらの年賀はがき作成サービスのオプションの1つとして宛名印字サービスがあります。
送ることの出来る宛先は国内のみに限られますが、基本料金(1件)2,500円、1枚につき15円で依頼することができます。

その他にも、宛名印字サービスを申込みした人限定で年賀はがきの発送サービスもあります。

スポンサーリンク

郵便局で年賀状印刷するための準備

では、実際に郵便局へ年賀状の作成を依頼する時には何を準備して、どうしたら良いのでしょうか?

まず、ご自身で準備するものは、デザインや画像を自分で用意するのであれば画像を、そして宛名印刷も合わせて頼むのであれば宛先のリストが必要になります。

宛名のリストは、DMファクトリーのホームページにフォーマットがあるので、それをダウンロードして使用することをオススメします。

【準備するもの】
・写真やイラスト(テンプレートを使う場合は不要)
・宛名リスト(宛名印刷を依頼する場合)
それらの準備が出来たらDMファクトリーに会員登録(無料)を行います。

次に、宛名印刷する場合は、マイページから宛名を登録します。

宛名の登録が完了したら、あとは年賀はがきのデザインを決め、枚数や決済方法などの必要事項を入力したら完了になります。(オリジナル年賀はがきのみデザイン審査が終了次第完了)
完成した年賀はがきは、ゆうパックでお手元に届くか、直接発送されます。

郵便局で年賀状印刷申込の締め切りは?

オリジナル年賀はがきの印刷申し込みの締め切りは、今年の場合は12月14日になりますが、ギリギリに注文した場合は遅いと12月21日頃の発送になるので、早めに注文する事をオススメします。

また、オリジナル年賀はがき以外の年賀はがきに関しては、注文してから1週間程度でお手元に届きます。(ただし11月1日以降)

また、12月9日までに注文した場合は早期割引の対象になるので、是非早めに注文してみてくださいね。

まとめ

主にインターネットからの注文方法になりますが、郵便局で年賀はがきを作成する際の方法をご紹介しました。

普段なかなか忙しくて年賀状を作る時間が無い方や、自分では上手くデザイン出来ない方は利用してみてはいかがでしょう?ぜひ、素敵な年賀状を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存