結婚式でストールを巻くときのマナーや色々な巻き方2つ。

86_1
結婚式で使われるストール。
生地はシフォンやオーガンジーが主流で、赤や黄色などの暖色系の色から青や紫色などの寒色系のストールやラメやスパンコールなどの装飾品が付いている物など、たくさんのデザインの物がありますよね!

ドレスと合わせて身につける方も多く、身につけるだけで雰囲気が華やかになるので結婚式では必需品です。

そんなストールですが色や素材で注意しなければならない点があることをご存知ですか?
その点を理解していないとせっかくの結婚式で新郎新婦だけでなく、周りの方にも不快な思いをさせてしまいます。

そんなことにならないように注意点をお伝えしながら、可愛らしいストールの巻き方や大人っぽいストールの巻き方を紹介したいと思います。是非、参考にして下さいね。

関連サイト結婚式へ参加する時に誰でも出来る簡単ヘアアレンジ

関連サイト結婚式お呼ばれ服のマナー30代ならアクセサリーやバッグはどうする?

関連サイト結婚式に友人としてスピーチする時間はどのくらいが最適?

スポンサーリンク

絶対するべきじゃないストールの巻き方やストールの色

結婚式では花嫁を連想させる「白色」は身につけないようにしましょう。
ストールを白色にすると着席した際に、上半身しか見えず「白色」が強調され花嫁とおなじになってしまいます。

またラメやスパンコールなどの光沢ついたキラキラとしたものは昼間には不向きです。

黒いドレスを着る方は黒いストールを使わないようにしましょう。
理由として黒いドレスと黒いストールの組み合わせは全身が黒色になるため、お葬式のような雰囲気が出てしまいます。

そのため結婚式のようなお祝いの場では相応しくなくなるので、黒のドレスを着る場合には明るい色のストールをするようにしましょう。

その他には動物の殺生を連想させてしまうので、ファーのストールもタブーとされています。

女子にお勧め可愛いストールの巻き方

ただ巻いてあるだけや羽おっているだけではせっかくのストールが台無しになってしまいます。
結婚式の主役は新郎新婦ですが、女性なら髪形だけでなくストールなどのアイテムを使いこなして少しでも「可愛らしく見せたい」という気持ちはありますよね!
そこで可愛らしいスカーフの巻き方を調べてみました。

ポンチョ風
ポンチョ風の巻き方です。

女の子らしくて可愛らしいのでおすすめの巻き方ですよ。
1)縦に何度か折ります(丁寧に折らなくてもいいですよ)
2)首に一周巻きます。
3)左右に垂れている端の幅を広げ、肩を覆うようにします。
4)首周りをふっくらとなるように整える
5)お好みでブローチやコサージュを留め具として使い、ポンチョになるように付けたら完成です。

スポンサーリンク

大人な女性にお勧めストールの巻き方

可愛いのも良いですが、大人の女性は「綺麗」や「美しい」と思われたいものです。
そんな大人な女性におすすめなストールの巻き方があるので参考にしてくださいね。

カーディガン風
可愛らしいイメージのポンチョとは違い大人で上品な結び方です。

1)肩を覆うことが出来るようにストールを広げ、はおります。
2)体の内側にくるほうの角を二か所、手で持ちます。
3)持ったまま両手を背面にまわし、後ろで固く結びます。
4)結び目が隠れるように背中のストールを上にかぶせて完成です。
正面から見ればカーディガン風なるのがポイントです。

関連サイト結婚式へ参加する時に誰でも出来る簡単ヘアアレンジ

関連サイト結婚式お呼ばれ服のマナー30代ならアクセサリーやバッグはどうする?

関連サイト結婚式に友人としてスピーチする時間はどのくらいが最適?

まとめ

肩の出ているドレスは昼間の挙式時にはタブーとされています。
ですが、肩の出ているドレスを着たい場合や着用している時にはストールで隠すなどして肩を出さないようにすればタブーにはなりません。

ストールで可愛らしさや大人っぽさを表現して、素敵な服装になるように工夫をして良い結婚式を過ごしましょう。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存