iphoneからandroidのZenFone3へ機種変更で乗換え注意点

zenfone3

iphoneからandroidのZenFone3へ乗換えしました!

あわせてauから格安SIM(MVN)へMNP変更したので、その時に準備したこと、乗り換えでできなくなったことを注意点としてまとめておきます。

これから格安SIMへMNPを考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

auキャリアから格安SIM(MVN)に乗り換えた理由

auから格安SIMに乗り換えた最大の理由は通信費の削減でした。

あわせてじぶん銀行のauIDを持っている人向けのフル込み手数料無料などのサービスがなくなることも乗り換えの理由の一つです。

自宅のネット回線を乗換えようといろいろ調べていたところBIGLOBEひかりなら格安SIMも扱っているため、ネット回線もスマホも全部乗換えたら通信費が安くなるのでは?と思い立ち、まずはBIGLOBEひかりに乗り換えました。

初めてのスマホがiphoneだったため、androidの事は知識がなく何を選べばいいかわからないまま、漠然と調べていたらデュアルSIMのSIMフリー端末の事を知り、なんかお得なんじゃない??と思ったので、デュアルSIMの端末を探すことに。

調べている間に「高性能カメラ搭載、最強コスパ・DSDS対応(au VoLTEにも対応)・デュアルSIM対応・SIMフリースマートフォンASUS ZenFone3」の情報を見て、ZenFone3は見た目も好みだったし、BIGLOBEで取り扱うこともわかったのでこの機種に決めました。

BIGLOBEならスマホとセットでSIMを購入すれば、1,200円×6か月割引があるし、ZenFone3用の値引きクーポン1,800円(10/21まで)もあったので迷うことなく購入決定です!



SIMとスマホのセットにしたのは安くなるのはもちろんですが、BIGLOBEのSIMが使えるSIMフリーの機種は何なのか調べる手間を省きたかったという理由も大きかったです。

スマホセットの機種ならば設定からトラブル時の対応までビックローブのサイト内に記載があるので、とても助かっています。

auキャリアから格安SIM(MVN)乗換え前の準備

キャリア(携帯アドレス)のメールが使えなくって困ることといえば、どんなことが思い浮かぶでしょうか。

私が考えたのは、以下の3つでした。

  • キャリア(携帯アドレス)メールで連絡しあっている友達への連絡
  • 携帯アドレスで登録しているサイトの情報変更
  • LINEのメールアドレス登録

友達へのアドレス変更のお知らせ

LINEを使っているから大丈夫!という人多いかもしれませんね。

私の場合、友人ほとんどがiphoneだったので、iMessageで事足りていたのでLINEを使っていなかったんです。そしてiphoneを使っていない相手とは携帯メールでのやりとりでした。

携帯メールでのやり取りをしている相手の中にはPCメールを受信しない設定にしている方も多いのではないでしょうか。

実際、私も携帯メール以外は基本受信せずで、携帯アドレスを持っていない相手のPCメールのみ受信可能アドレスを設定してしていました。

キャリア(携帯アドレス)メールが使えるうちに、新しいアドレスを連絡して受信可能設定をお願いしておきましょう。

携帯アドレス登録サイトの情報変更

携帯アドレス登録サイトの情報変更といっても、どんなサービスに登録しているかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

そんな時はまず、携帯メールの受信フォルダを確認してみましょう。どこからどんなメールが来ていたのか大体把握できるのではないでしょうか。

とはいっても、登録はしたけれどメールが全然来ていないサイトがあるかもしれませんね。そんな時は最低限、金融機関関連サイトの登録情報を確認しましょう。銀行や証券会社やクレジットカード関連などの登録ですね。

金融関連のサイトでは主登録アドレスにメールアドレス追加や変更のお知らせが届くことが多々あります。主メールアドレスが携帯メールアドレスのまま、機種変更してからメールアドレスを変更しようとしても主メールアドレスにメールが届かない、、、なんてことになったら急ぎの振込などに対応できなくなることも考えられます。

現在使用していない銀行なども、登録のメールアドレスを確認してキャリア(携帯アドレス)メールの場合は、PCメールアドレスに変更しておきましょう。

ちなみに楽天銀行の場合、ワンタイム認証用アドレスにフリーメールは推奨していません。ですが登録は可能ですので安心してくださいね。

スポンサーリンク

LINEのメールアドレス登録

LINEのお友達やスタンプを新しい機種に引き継ぐためにはメールアドレスとパスワードの設定が必要になります。
このメールアドレスはGmailなどずっと使えるアドレスにしておきましょう。

乗換え前には「設定」⇒「アカウント」を確認し、メールアドレスが登録完了になっているか、また有効なアドレスかを確認しておきましょう。パスワードに不安がある場合は引き継ぎ前に確認をお忘れなく。

line1

キャリア携帯から格安SIM(MVN)乗換えの注意点

キャリア携帯から格安SIM(MVN)乗換えた場合、3台キャリア(docomo、au、ソフトバンク)でなくなるため、できなくなることの一つがLINEの年齢認証です。
年齢認証できないとID検索をしてもらうことができません。

今回、android機種に変えたことでiphoneの友達と無料のチャットをする術がなくなったのでLINEを導入してみました。まずはauでラインを登録し年齢認証した後、引継ぎ用にメールアドレスを設定し事前準備完了。

新しい機種でメールアドレスとパスワードを設定したら、お友達などは無事引き継がれていましたが、年齢認証は、「NTTdocomoをご契約の方」と「LINEモバイルをご契約の方」の二つしか選択肢がありません。
line2
まだauID生きているからauのSIMをさしてみればいいかも?!と思いチャレンジしましたが、SIMをauとして認識してくれず(IIJmioとかの選択肢はあり)、やっぱり年齢認証はできませんでした。

BIGLOBEではLINEの年齢認証について以下の様に記載がありましたのでご参照くださいね。

1)ガラケーがドコモ契約+スマートフォンがドコモ端末でMVNO契約(2台持ち)
ガラケーのドコモIDを使って年齢認証が可能です(「ドコモ」を「au」に置き換えても同じ)。

2)ガラケーがソフトバンク契約+スマートフォンがドコモ端末でMVNO契約など(2台持ち)
三大キャリアのSIMを借りる必要があります。

3)ガラケー + SIMフリーのスマートフォン端末(2台持ち)
ガラケー側のIDで年齢認証が可能です。

4)MVNOのスマートフォンのみで利用
三大キャリアのSIMを借りる必要があります。

出典:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/soudan/try-line/

私の場合、4)なので年齢認証するにはSIMを借りる必要があるのですが、今のところこのままでいいかなぁと思っているところです。

まとめ

今回BIGLOBEのSIMへMNPした時の事前準備などをまとめてみました。
スマホとセットで申し込んだ場合、NMPが実行されるのは受け取って二日後という事で、いろいろアタフタしてしまいました。

本当に最小限の準備ですが、これぐらいしておけばあとは何とかなると思います。
通信費の削減はやっぱり魅力的なので、思い切って切り替えてしまいましょう!

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存