おせちはなぜ重箱に詰めるの?その理由はこれ!

224_1

いつもはお正月のおせち料理をデパートやインターネットで注文しているけど、今年は頑張って自分で作ってみよう!という方、いらっしゃるかと思います。

でも料理を作るにしても料理を入れる重箱は持ってないし、どの料理をどこに入れるかよくわからない・・。
見栄えを良くするためにも重箱を買う必要はあるの?
そもそもおせち料理を重箱に詰めるのはどのような意味があるの?

そんな疑問にお答えします。

関連サイトおせちの詰め方、三段の場合の正しい詰め方とおもしろアイデア。

関連サイト大晦日にそばを食べるのにはこんな理由があった!知ってよかった雑学。

関連サイト栗きんとんの作り方と栗きんとんレシピはこれで失敗なし!今からでも覚えよう!

スポンサーリンク

  

おせちを重箱に詰める意味やその歴史

おせち料理は「福やめでたさ、幸せが重なりますように」という願いを込めて段重ねの重箱に詰めます。

重箱の段の数は地域や家庭によって異なりますが、最も代表的なのは5段重ねで1段~4段に料理を入れ5段目は空にしておきます。

5段目を空にしておく理由は年神様から授かった福を詰める場所として、多くの幸が入ってくるようにという意味があります。


  
近年、販売しているおせち料理は核家族化している影響もあって3段が人気なので、5段目を空にするという事を知らない方が多いかもしれませんね。私は専ら2段ですが・・(涙)  
           

おせち重箱の格段のつめ方のコツ

重箱には呼び名があり、上から順に一の重、二の重、三の重、与の重(四は「死」を連想させ、縁起が悪いとされるので使用しない)と呼びます。

一の重

一の重には「祝い肴」を詰めます。
具体的には黒豆・数の子・田作りなど酒の肴になる料理が詰められます。黒豆や数の子、田作りはおせち料理には必須の料理で「祝い肴三種」、「三つ肴」と言われています。

黒豆は「まめ」に働き「まめ」に暮らせるように、との意味があり、数の子を使うのは卵がたくさんという事にあやかり、子孫繁栄の願いが込められています。

田作りは五穀豊穣の願いが込められており、地域によって「ごまめ」と呼ばれています。

二の重

二の重には「口取り」を詰めます。
大人から子供まで食べられるように蒲鉾、栗きんとん、だて巻き、昆布巻きなどの甘い料理が中心です。栗きんとんは見た目が黄色い事から「黄金の塊」の意味があり「商売繁盛、金運に恵まれる」などの願いがかけられています。

昆布巻きは「喜ぶ」の語呂合わせから祝いの儀にはかかせないものです。蒲鉾は詰める際、紅白の色が交互になるようにしましょう。


スポンサーリンク



三の重

三の重には「海の幸を中心とした焼物」でブリ、鯛、海老などが入ります。海老は長寿のシンボルであり、また海老の赤色は魔よけの色といわれています。

鯛は「目出度い」に掛けたもの、ブリは出世を願うなどの意味が込められています。

与の重

与の重は「山の幸を使った煮物」が入ります。穴が開いていることから「将来の見通しが良くなりますように」という願いから蓮根、子芋が沢山つくことから子孫繁栄を願った里芋、あとゴボウなども入ります。
1つ1つの食材を分けて綺麗にいれましょう。見栄えが大事です。

子供も喜ぶおせち料理のレシピ

上述しましたが、おせち料理は酒の肴のお料理が多く、子供が食べられるものは少ないです。

今は色々なレシピサイトがありますので、是非子供が喜んで食べてくれそうなものを作ってみんなで食べられるおせち料理にしては如何でしょうか。一例を紹介しますね。

数の子チーズボール

【材料】(二人分)
数の子:50g
クリームチーズ:50g
かつおぶしパック:3g
【作り方】
1)ボールにクリームチーズを用意し数の子は細かく切って混ぜる。
2)食べやすい大きさに丸める。
3)かつおぶしを絡めて出来上がり。

これなら数の子嫌いの子供でも食べることができるのではないでしょうか。数の子が苦手な場合は量を減らすなど調整してあげてくださいね。

関連サイトおせちの詰め方、三段の場合の正しい詰め方とおもしろアイデア。

関連サイト大晦日にそばを食べるのにはこんな理由があった!知ってよかった雑学。

関連サイト栗きんとんの作り方と栗きんとんレシピはこれで失敗なし!今からでも覚えよう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。盛り付け方などは一例で地域や家庭によって違いがありますので参考程度にしてください。

子供が食べられる料理を増やすことで皆でおせちを囲み、笑顔たえないひと時を過ごし、今年1年が良い年になるよう祝いあえるとよいですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存