女性必見!知っておきたい結婚式二次会の服装、髪型マナー!

375_1

成人すると増えてくるのが、結婚式ですよね。
現在の平均結婚年齢が30代となっていますが、やはり20代で結婚式に呼ばれる方も多いと思います。

しかし、二次会に出席するときは、どのような格好が望ましいのか……ちょっと分かりにくいですよね。
今回は、そんな結婚式の二次会についてリサーチしてみました。

関連サイト結婚式でストールを巻くときのマナーや色々な巻き方2つ。

関連サイト結婚式の二次会幹事を依頼するなら押さえておくべきポイントまとめ

関連サイト結婚式へ参加する時に誰でも出来る簡単ヘアアレンジ

スポンサーリンク

結婚式の二次会ってどんな感じなの?

結婚式の二次会ですが、これは幹事によって変わりますので、ちょっとお伝えしにくいです。

立食パーティーになるのか、用意された料理に手を付けながらのパーティーになるのか、友達だけの集まりになるのか、親族も含みでのパーティーになるのか……やはり様々です。

主催者がメインの同窓会みたいなもの、という方もいらっしゃいます。

どのような雰囲気なのかは、やはり主催者側と幹事の方によります。
しかし、披露宴よりはカジュアルな二次会に仕上げる方が多いようですので、服装のマナーなどを守っていれば、大丈夫です。

どんな服装がいいの?二次会服装マナー!

結婚式の二次会は、オシャレでありつつマナーを守った服装が望ましいのですが、それって一体どんな服装なのか分かりませんよね。

二次会には「平服でどうぞ」と書かれていることがあるのですが、それって一体……?
と、疑問に思う方は多いと思います。

平服とは、フォーマル服よりもかしこまらないけれど、普段着ではない服装のことです。
良く分かりませんよね。

なので、基本的にはパーティーだということを前提に、主役よりは目立たない格好でおしゃれをすれば特に問題はないのです。

サテン地のワンピースにボレロや、ブラウスにスカートなど、お出かけのスタイルで大丈夫です。

スポンサーリンク

注意したいのは、避けたい服装です。

白のドレスや露出の高い服装は、二次会の席で白のドレスを花嫁が着用する可能性を考えて控えておいたほうが無難です。

また、露出の高い服装はお祝いの場には相応しくないので、やはり避けましょう。

靴はヒールのあるパンプスがおすすめです。避けたいのはサンダル、ミュール、ブーツです。
やはり、つま先の開いた靴は相応しくありませんし、素足で出席するのは避けてください。
また、黒いドレスのときは、黒いストッキングにはしないように気をつけてください。

小物はパーティーバッグがおすすめです。

イヤリングやピアスは多少キラキラしていても大丈夫ですよ。
二次会では、式のときとは違い見に付けても良いアクセサリーの幅が広がりますので、小物でオシャレを楽しむことができます。

しかし、いくら高価なブランド物でも、革のバッグや不祝儀を思わせるブラックパールはお祝いの場には相応しくないので、避けてください。

周りと差をつけよう!二次会髪型アレンジ

髪型はきちんとセットアップしましょう。
ショートヘアの方でも、ヘアアレンジをしたほうがパーティーの装いになりますので忘れずにしてください。

ワックスやスプレーで動きを付けた髪に、アクセサリーを付けるだけでも十分素敵なヘアアレンジになりますよ!!

ロングやミディアムヘアの方は、アップスタイルかハーフアップでまとめておくと、食事にも気を使わなくて済みます。

大ぶりのアクセサリーでのアレンジでも問題はないですが、あまりゴージャスなものは控えてください。
アクセサリーが白や生花など花嫁さんとかぶってしまうものは避けましょう。

関連サイト結婚式でストールを巻くときのマナーや色々な巻き方2つ。

関連サイト結婚式の二次会幹事を依頼するなら押さえておくべきポイントまとめ

関連サイト結婚式へ参加する時に誰でも出来る簡単ヘアアレンジ

まとめ

二次会でもしっかりとした服装のほうが良いのか、または普通の服装で大丈夫なのか……迷ってしまうと思いますが、パーティーだということを意識すれば、とくに問題ない服装になると思いますので、最低限のマナー守りながら、女性ならではのオシャレを楽しみましょう。

スポンサーリンク