紫外線が強くなってくる時期とは?対策はいつから必要?

535-1
そろそろ日差しを感じる季節になってきましたね。

これから、春、夏と季節は移っていくわけですが、紫外線の対策はしていますか?

「日焼け止めは夏になってから~」とお考えのみなさん!
どうやら対策が必要なのは夏だけではないようですよ。くわしく見てみましょう。

関連サイト赤ちゃんの紫外線対策はいつから?散歩の時に日焼け止めは必要?

関連サイト紫外線対策をして髪をダメージから守りましょう。おすすめ対策をチェック!

関連サイト紫外線対策はお早めに!日焼け止めの選び方と塗り方

スポンサーリンク

紫外線対策は夏だけではない?!

紫外線は主に2種類のものが地上に届いています。

UVB(紫外線B波)

地表へ届く紫外線の5%を占めます。
波長が短いため、肌の表面までで、奥までは届きませんが、エネルギーは強く、やけどのような症状が現れます。しみ、そばかすの原因になります。

UVA(紫外線A波)

紫外線の95%を占めます。
波長の長い紫外線で、エネルギーはUVBより弱いですが、こちらは肌の奥(真皮)まで届いてしまいます。

コラーゲンやヒアルロン酸を作っている肌の組織に影響を与えます。
そのため、シワやたるみの原因になります。

このように、紫外線には種類があり、それぞれに特徴があることがわかります。
特にA波は肌の奥まで届き、細胞を攻撃します。紫外線で特に気をつけなければならないのは、A波のほうなのです!

A波は、ピークが4月~8月で、5月~6月に一番多いといわれています。
またB波は時期によって量に変動がありますが、A波はほとんど変動がありません。
そのため、A波は生活紫外線とも呼ばれています。

しかもA波は一年中降り注いでおり、太陽の位置が一番高くなる6月後半はもっとも強力なものになります。
真夏は紫外線を気にして対策をする人は多いですが、日差しの弱い日や、冬場はあまり気にしない人が多いのではないでしょうか。

日焼けなどの症状がなくても肌はダメージを受けており、少しの油断でお肌のハリが失われます。

こんなに強い日中の紫外線

紫外線が一番強い時間帯は、11時~15時です。
これは太陽が真上にくる時間台だからですが、その中でも10時~14時が最も強く、一日の紫外線の50%を占めています。

紫外線対策には、この時間帯を避けて外出することおすすめです。
もちろん、くもりの日でも注意が必要です。

また、雨上がりは空気中のチリやほこりが洗い流されて遮るものがなくなり、さらに紫外線は強まります。

紫外線は日中に比べれば、夕方~夜は少なくなります。
月による太陽の反射で降ってはいますが、対策が必要なレベルではありません。

紫外線が弱いと思いがちな早朝ですが、紫外線は7時頃より急に強くなるので、早朝でも対策をするようにしましょう。

また、ガラス越しに降り注ぐ紫外線にも要注意です。
紫外線をシャットアウトするガラスでもない限り、肌にダメージを与えます。

スポンサーリンク

すぐにできる紫外線対策

それでは、紫外線を効果的にブロックするにはどうすればいいのでしょうか。
お手軽な方法をご紹介します。

1)日焼け止めクリームを塗る

一番お手軽な方法なのではないでしょうか。
クリームのベタつきが苦手な人は、ジェルタイプやスプレータイプのものがおすすめです。

特にスプレータイプのものは、広範囲にまんべんなく散布することができるため、時間が無い時にぴったりです♪

私もよく夏場はスプレータイプのものを愛用しています。ただし、周りに飛び散る恐れがあるので、屋外やお風呂場での使用をおすすめします。

2)日傘をつかう

紫外線アイテムの中でも定番ですね。黒めのカラーは日差しを通しにくいため、効果的に対策ができます。

日傘のUV加工効果は年々薄れて行くのでだいたい3年毎に買い換えるようにしましょう。

関連サイト日傘の上手な選び方。折りたたみと長傘、表や裏は何色がいい?

3)UV加工のされたカーディガンやストール

紫外線が気になった時にさっと羽織るだけで簡単に紫外線対策ができます。デザインも豊富にあるので、好きなデザインのものを選びましょう。

室内の冷房で肌寒く感じた時にも使えますよ。

4)おまけ~焼きたくないときのスキンケア~

普段のスキンケアにプラスして美白化粧品を取り入れてみましょう。
紫外線を浴びたことによって生成されてしまったメラニン色素を抑えてくれます。

美白に効果あり!酒粕パックをしてみよう
美白に効果があり、また保湿にも優れている酒粕。
酒粕を少量の精製水で練り、顔に塗って15分。

サランラップをかぶせると効果アップ♪窒息に気をつけてくださいね。
洗い流すと、ワントーン明るい肌になります。

ただし、アルコールが含まれているので、肌の弱い方はご注意ください。

関連サイト赤ちゃんの紫外線対策はいつから?散歩の時に日焼け止めは必要?

関連サイト紫外線対策をして髪をダメージから守りましょう。おすすめ対策をチェック!

関連サイト紫外線対策はお早めに!日焼け止めの選び方と塗り方

最後に

知っているようでよく知らないのが紫外線ですね。「ちょっとくらいなら…」と思っても積もり積もって数年後に…なんてことになったら怖いですよね。

私もこの時期はヨーグルトパックをしてみたり、ビタミンを多めに摂ってみたりと、とにかくスキンケアに余念がありません。

紫外線はいつでも降り注いでいます。紫外線を防止するために、今から対策をはじめましょう。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

フォローする