かき氷を食べると頭痛がするのはなぜ?原因と予防法について

暑い夏が来ると食べたくなるものの中に「かき氷」がありますね♪
イチゴ、メロン、ブルーハワイ…色とりどりのシロップをかけていざ「いただきまーす♪」
と食べるとやってくるのがキーン!とする頭痛ですね。

あの頭痛って何故起こるのでしょうか?

頭痛がなければもっとおいしく食べられるのに。。
そんな人のために、今日はかき氷の頭痛について調べてみました。

関連サイトふわふわかき氷の作り方は?家庭用では氷の作り方がポイント。

スポンサーリンク

かき氷で頭痛がおこる原因

まず、この頭痛は「アイスクリーム頭痛」といいます。
「あれ?スーパー◯ップを食べても頭痛は起きないよ??」と思った人~細かいツッコミは置いといてください。
つまりは、冷たいものを食べた時に起こる頭痛のこといいます。

アイスクリーム頭痛は、医学的な正式名称なんですよ。
このアイスクリーム頭痛には、2つの原因があるといわれています。

原因その1
冷たいものを口の中に入れた時に、急激に温度が下がります。
その際に体の防衛本能が働き、その際に体温を上げようと血管を一時的に膨張させることによって、血流を良くしようとします。

この際に一時的に頭の血管に炎症が起こり、頭痛が起こります。

原因その2
冷たいものが喉を通ると「三叉神経」からの伝達信号を脳みそが痛みと勘違いし、頭痛が発生します。
ちなみに、このアイスクリーム頭痛が起こらない人も中にはいます。

アイスクリーム頭痛が起こる人は偏頭痛をもっていることが多いといわれています。(諸説あります)

最近では、心肺停止の人の脳を保護するために急速脳冷却法というものが注目され、研究されています。

心肺停止によって血流が止まると、脳に血液がいかなくなり、患者が回復した時に後遺症が残る恐れがあります。

それを防ぐために、「アイスクリーム頭痛」が応用されています。
口から5℃の冷却水を注入し、喉を冷やすことによって心臓に負担をかけずに脳を急速で冷却します。

そして、いわゆる仮死状態にすることによって、脳へのダメージを防ぐという方法です。
脳へと続く動脈が喉のすぐ横にあるということに着目して考えだされた方法です。

スポンサーリンク

かき氷頭痛を防ぐ方法

頭痛を防いで、かき氷を楽しみたいですよね。頭痛を防ぐ方法をご紹介します。
すぐできる方法としては、「ゆっくり食べる」というものがあります。

急激に冷やされることが原因なので、急に冷やさないように少しずつ、ゆっくりと食べるようにしてみてください。

ゆっくり冷える分には、脳が反応しづらいため、頭痛を防ぐことができます。
しかし、頭痛にならないかき氷があるのをご存知でしたか?

それは、天然水でできたかき氷です。
なぜ天然水でできたかき氷は頭痛が起こりにくいのでしょうか。

これにはちゃんとした根拠があります。
天然水の氷は純度が高いため、薄く削ることができます。
そのため、空気をたっぷりと含んだふわふわのかき氷ができ、空気を含んでいる分、急激に冷えるのを防ぐことが出来ます。

関連サイトふわふわかき氷の作り方は?家庭用では氷の作り方がポイント。

確かに、昔沖縄で食べた台湾式かき氷では頭痛は起こらなかったような記憶があります。
飛行機の時間が迫っていて、慌ててかき込んだのですが…。
しかし、度を超えると頭痛は起こりますので、ご注意くださいね!

かき氷頭痛の治し方

やっかいな頭痛はどうすればいいのでしょうか。

暑い夏にかき氷をゆっくり食べるなんてもったいないという人に朗報です。
痛みを一発で治す方法をご紹介します♪

かき氷の器をおでこに当てて冷やす方法
これならすぐできますね。

もちろん冷たいものであればなんでもOKです。
とにかく冷やしてみてください。早い人は数十秒で治ってしまいます。

また、お茶を飲みながら食べるという方法もあります。
しかしこれは、温かいお茶限定ですので、真夏にはきついかもしれませんね。
でも、暑いと冷たいのコンビーネーションがくせになるかも(?)
試してみてくださいね。

関連サイトふわふわかき氷の作り方は?家庭用では氷の作り方がポイント。

最後に

冷たいかき氷は夏の醍醐味ですね♪
家でもお手軽に作ることができますが、お祭りや海で食べるとまた格別です。

かき氷とともに夏の思い出を作ってくださいね。
ただし、食べ過ぎると腹痛が怖いのでほどほどに。

スポンサーリンク