夏休みは旅行に行こう!赤ちゃん連れでも安心して楽しむ為のポイント

旅行に行きたけけど、赤ちゃんがあるからあと数年は無理かな…とお悩みの人もいるのではないでしょうか。

確かに赤ちゃんがいると旅行もためらってしまうかもしれません。

しかし、きちんと準備をすれば心配はありません!今日は赤ちゃんが一緒でも安心して旅行に行くための注意点などをご紹介いたします。

忘れ物なしで旅行を楽しみましょう♪

関連サイト旅行かばんを選ぶときに知っておきたい!最適な大きさを選ぶポイント

関連サイト夏休みの旅行計画はもうできた?キャンセル待ち申し込み方法のまとめ

関連サイト飛行機に赤ちゃんが乗れるのはいつから?座席のおすすめ。
スポンサーリンク

旅行に必要なグッズ紹介

赤ちゃんがいると、いろいろと荷物が増えて大変ですが、あれこれ持って行く前に、必要なもの、あったほうが便利なグッズのご紹介です。

必要なもの

  • 保険証、母子手帳
  • おむつ
  • ベビーフード
  • 粉ミルク
  • 乳瓶やマグ、哺乳瓶消毒グッズ
  • 授乳用ケープ
  • おしりふき
  • 救急箱(絆創膏、体温計、保冷剤、綿棒など…簡易的なものがあると便利!)
  • 着替え、パジャマ、スタイなどは多めにあったほうが安心です
  • おもちゃ類やお菓子(普段のお気に入りを持って行きましょう)
  • ビニール袋

赤ちゃんはデリケートです。慣れない旅行先で、急な体調不良にならないとも限りません。
緊急時に病院にもいけるよう、宿泊先近くの病院を調べておくと安心ですね。

キューブ型のミルクは、小分けにされているので使いやすく、おすすめです。
現地で買うと高くつくので、普段使用しているものはひと通り持って行きましょう。

赤ちゃんの着替えやおむつは、少し多めに持っていくのがおすすめです。
途中で汚れてしまった場合に、現地ですぐに調達できない可能性も考えておきましょう。

おむつを捨てる場所がないかも知れませんので、ビニール袋は多めに用意しましょう。

あったほうが便利なもの

  • ベビー用のシャンプーやボディソープ
  • おねしょシート
  • ハンドジェル
  • 羽織るもの(急な温度の変化に対応できます)
  • DVD(車の中で再生できるようなら、あると気が紛れます)
  • 水着、帽子、虫除けスプレー、浮き輪(夏の場合)
  • カメラ(思い出の写真をパシャリ☆)

ホテルは赤ちゃん向けを選びましょう

少しでも快適な旅にするために、宿泊先は赤ちゃん向けの設備が整っている場所を選びましょう。

食事中に急に泣き出したりしても、まわりの理解がありますので、気まずい思いをしなくてすみそうです。

最近では、旅行会社も赤ちゃん連れ向けのプランを用意しています。
寝室にベビーベッドがあったり、アメニティとしておむつなどが用意されていたりと、至れり尽くせりの内容となっています。

また、食事のメニューには、赤ちゃんの月齢に合わせたものの用意もあり、お母さんも安心ですね!施設内には、赤ちゃんと一緒に楽しめる設備が充実しており、遠くにあまりいけない場合でもホテル内だけで十分に楽しめるようになっています!

赤ちゃんを短時間、専用のスタッフが預かってくれるサービスなどがあるホテルもあります。
いろいろ探してみてくださいね♪

 ⇒じゃらん.net:お子様歓迎の宿

スポンサーリンク

旅行場所のベビールームの事前チェックを!

観光先や、道中でのベビールームの位置を知っておくと、いざという時に慌てません。
車で行く場合は、途中でのサービスエリアをチェックしたり、観光施設で位置を確認しておくと安心です。

以下にベビールームのあるサービスエリアをいくつかご紹介します。
近くを通るときには、是非立ち寄ってみてくださいね。

・浜松サービスエリア(新東名高速道路)

専用の授乳室の中に机とイスまで用意されています。
また、お湯も使えるので、ミルク作りもできます。上り、下り、両方にあるのもポイント♪

・福山サービスエリア(山陽自動車道、上り)
授乳室が24時間開放されています。
ベビーカーの無料貸出しも行っており、キッズスペースではDVDも鑑賞できます。
ソファもあるので疲れた時におすすめ。

・幕張パーキングエリア(京葉道路、下り)

「パサール幕張」では、授乳室が個室になっている他、キッズスペースが充実しています。
また、コンビニもあるので、ベビー用品の買い出しもできます。

電車で行く場合は、赤ちゃんが途中で急に泣き出したりして周りの目が気になることも…ベビールームやトイレの場所を確認しておくとよいでしょう。
席を予約する際の参考にしてくださいね。

また、スーパービュー踊り子のようにキッズルームが完備されていたり、個室のある電車もありますので、事前に情報を集めましょう。

個室になっていれば、周りの目を気にする必要はありませんね。

関連サイト旅行かばんを選ぶときに知っておきたい!最適な大きさを選ぶポイント

関連サイト夏休みの旅行計画はもうできた?キャンセル待ち申し込み方法のまとめ

関連サイト飛行機に赤ちゃんが乗れるのはいつから?座席のおすすめ。

最後に

赤ちゃんがいても楽しめる旅行についてご紹介しました。

最近は施設内にベビースペースが充実しており、旅先でも快適に過ごせそうですね。

事前の情報収集と忘れ物に気をつければ、怖いものはありません。
楽しい思い出にしてくださいね♪

スポンサーリンク