夏休みの旅行計画はもうできた?キャンセル待ち申し込み方法のまとめ

待ってました、夏休み!
日頃の疲れを癒すための旅行なんていいですね。

しかし…仕事などの都合でなかなかスケジュールの調整ができず…予約ができずにいたらいつの間にかどこもいっぱいでもう予約が取れない!

そんな事態に陥っている人もいるのではないでしょうか。

今年は旅行は無理かなぁ、近場で済まそうかなぁ、なんて考えている人もいるのでは?

そんな人でもまだ諦めないでください。旅行にはキャンセル待ちというものがあります。
くわしく見て行きましょう。

関連サイト夏休みは旅行に行こう!赤ちゃん連れでも安心して楽しむ為のポイント

関連サイト旅行かばんを選ぶときに知っておきたい!最適な大きさを選ぶポイント

関連サイト海外旅行が初めてでも安心!持ち物リストや時差ボケ対策など。

スポンサーリンク

夏休みの旅行予約はいつから始まってる?

近年、旅行会社の競争も激化しており、格安ツアーや◯◯日前割引など、さまざまなサービスが次から次へと出るようになりました。

数十年前であれば何十万円という金額をかけて行っていた海外旅行も、最近は十数万円で行けるようになったりと、旅行が私達にとって、とてもお手軽なものになったように感じます。

それでは、夏休みの旅行はいつの予約がベストでしょうか。

旅行会社のツアーなどの商品では、ほとんどの場合、6ヶ月前から予約が始まるところが多いです。
となると、早い人は2月ぐらいから予定を立てて予約をしているという事ですね。

また、航空券や宿泊先などほとんどの場所で、早割があります。

また、発売後すぐに予約をすればいいというわけでもなく、旅行会社によっては、発売前に「事前予約」を行っているところもあります。

事前予約とは商品の発売前に、旅行会社がお客様から予約の意思を受け、商品が販売されたら、予約のお客様へ優先的に売るという方法です。

事前予約は確約ではありませんが、混雑時期に人気のある行き先への旅行を考えている人には押さえていただきたいポイントです。

特に、一般の人が休みになることの多い、お盆の時期は発売後すぐに埋まってしまうため、その時期に旅行に行きたい場合は、キャンセル待ちをすることになります。

なんと、旅行会社の売上の半分は夏休みの時期がしめているそうですよ。

キャンセル待ちの仕組み

それでは、キャンセル待ちをすることになった場合、どのようにすればいいのでしょうか。
人気のツアーを開催している大手旅行会社の場合は、キャンセル待ちで空く可能性はマチマチといえます。

人気のあまりない行き先はキャンセルが出る可能性もありますが、キャンセルを待つ人は多いかと思われますので、かなりの激戦が予想されます。

ちなみに、キャンセル待ちを待つ期間ですが、旅券の発行がされる、出発の7日前までがリミットと考えておきましょう。

スポンサーリンク

キャンセル待ちについては、まず、旅行会社に問い合わせをします。

そこで、希望の日付や行き先などを伝えます。
そうすると、キャンセルが出次第、順次電話やメールがくるという流れになっています。

ネットで受け付けている会社もありますので、探してみてください。

ちなみにHISなどの一部大手旅行会社では、キャンセル待ちの場合でも旅行代金は全額払うというきまりがあります。

おそらく、キャンセル待ちからのバックレを防ぐためだと思われます。
もちろん、キャンセルが出なければ、料金は返金されます。

ツアーなどではなく、ホテルのキャンセル待ちの場合は、毎日ホテルに電話をしてみます。
「部屋って空きました?」というような感じです。

場所によっては空き次第、連絡をくれるところもありますので、相談してみてください。

ちなみに私は今年のGWに沖縄へ旅行に行くのですが、仕事の調整が難しく、予約をしたのが4月上旬くらいになってしまいました。

当然、飛行機の午前の分は満席で、出発は夕方の便しかとれませんでした。
現在、午前の便のキャンセル待ちをしている状態です。

また、ツアーなどのキャンセル待ちのみを集めたサイトもあります。

当日キャンセルになったツアーなども多いので、家族旅行に使うには予定が立てにくいかもしれません。
ですが、大幅な割引サービスなどもあるので、うまく使えばお得に旅行ができます。

キャンセル待ちの確率は?

キャンセル待ちをしてキャンセルがでる確率はどれくらいになるのでしょうか。
こればかりは運というほかありません。

やはり、人気の行き先となってくると、キャンセル待ちをしている人もかなりいるはずなので、目安としては、30日前にキャンセルが出なければほぼないと考えたほうがよいでしょう。

なぜ、30日前がポイントとなるかといいますと、出発前の30日を切った状態でキャンセルをすると、キャンセル料などの余分な費用がかかります。

そのため、格安で旅行をしたい人などは、ムダな出費を避ける傾向にありますので、30日を切ってからキャンセルをする人は、ほぼいないといえるでしょう。

ギリギリまで無理を待つと、キャンセルが出なかった時に、すでに他の行き先も満席で、せっかく休みをとったのに旅行に行けない!なんて悲しいことになります。

そのため、キャンセル待ちをする本命以外外の旅行先も考えておいたほうがよいでしょう。

関連サイト夏休みは旅行に行こう!赤ちゃん連れでも安心して楽しむ為のポイント

関連サイト旅行かばんを選ぶときに知っておきたい!最適な大きさを選ぶポイント

関連サイト海外旅行が初めてでも安心!持ち物リストや時差ボケ対策など。

最後に

せっかくの旅行ですので、楽しみたいですよね。

キャンセル待ちをするのもいいですが、時期を少しずらすなどすれば、旅費がお得になったり、同じ料金でもランクアップした上質な旅行を楽しむことが出来ます。

工夫をして旅行を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク