富士登山をするときの服装は?夏登山でも必要な準備を確認しよう!

日本で一番有名な山といえばおそらく富士山なのではないでしょうか。

標高3776mの日本最高峰で、2013年には世界遺産にも登録されました。

長らく、登山道上のゴミなどが原因で登録がなされなかったそうですが、世界遺産登録に関わってきた機関や人々の努力で環境が改善され、ようやく登録となりました。

そんな富士山に登ってみようと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、軽い気持ちで登ってしまうと、どうやら危険もあるようです。
今日は、富士登山をする際の服装などについて情報を集めました。

関連サイト富士山の山開きはいつ?雪は大丈夫?登山ルートのお勧めは?

関連サイト富士登山の日帰りプランはどこまで行ける?初心者が知っておきたいポイント

スポンサーリンク

夏の富士山の気温は?

まず、富士山頂において気をつけておきたいのは、富士山は予想以上に寒いということです。

夏ともなると、地上では30℃を超える高温となるため、なんとなくその流れで、Tシャツに短パンという軽装で登りたくなりますが、ちょっと待ってください。

過去には、なんとなく電車から見た富士山と美しいと思い、軽い気持ちで軽装で登山をしてしまった外国人がヘリで救出されるなど、事故も起こっています。

一般的に、標高が100m上がると、気温は0.6度低下します。
富士山は、標高3776mですので、地上と比べると、20度ほど気温が低いことになります。

仮に真夏日に地上が30度だとすると、富士山の頂上は10度ほどとなっていることになります。そんな場所に半袖、半パンなどで言った場合、どういうことになるかは想像がつきますね。

また、天気が悪いとさらに気温は低下し、寒さによって動けなくなり、それによって重大な事故につながりかねません。

また、頂上での日の出を見ようと登山を開始する場合は、日が昇り始める前に行動することになります。その時の気温は5℃ほどとなりますので、もう地上とは別の場所だと思ったほうがよさそうです。

富士登山におすすめの服装

それでは、夏に富士山へ登る場合にどのような服装が適切でしょうか。
ここでは、服装について見て行きましょう。

アンダーウェアやインナーウェア

真夏であれば5合目くらいまではアンダーウェア1枚で大丈夫な日もあるようです。

アンダーウェアやインナーウェアは一度着ると、到着まで脱ぐことはほぼ不可能だと考えられます。また登山をしていると汗をかくため、風によって身体が冷えていくことがあります。

ウェアは汗吸性、速乾性と防臭効果に優れたものを選びましょう。
コットン100%のものなどは不向きとなります。

防寒用ウェア

富士山の山頂は真冬並の気温となります。
風も強く、体感温度はさらに下がりますので、防寒対策もしっかりと行いましょう。

防寒具としては、フリースとダウンジャケットを持っていくというのが基本です。

ちなみに、フード付きのものでもかまいませんが、フリースもジャケットもレインウェアもすべてフード付き…となると、首周りが膨らんで邪魔になる可能性がありますので、好みよって調整してください。

間違ってもヒールやサンダルで登るのはNGですよ!
登山といえば登山靴が思い浮かびますが、「わざわざ買うのはちょっと」とお考えの人は運動靴でも十分です。

ただ、運動靴は、上りはよいですが、やはり登山靴よりは滑るため、帰りが若干危険かもしれません。

また、山道には砂利も多く、ソールが平べったいものは、滑る可能性があるので、選ぶ際は注意が必要です。

その他

帽子、軍手、ネックウォーマーなど…必要に応じて準備が必要です。

スポンサーリンク

富士登山にはレインウェアも必須

「山の天気は変わりやすい」という言葉を聞いたことはありませんか?
富士山も例外ではありません。突然の雨に遭い動けなくこともあります。そうならないよう、レイングッズも携帯しましょう。

一般的には、雨ガッパやレインウェアなどです。傘は使いません!
雨ガッパはかなり蒸れますので、レインウェアを購入することをおすすめします。

レインウェアは天気の急変時には防寒具としての役目も果たしてくれる登山の必需品といえるでしょう。

レインウェアと持たずに登山をし、もし雨に降られた場合、富士山には逃げこむ場所が山小屋くらいしかなく、その小屋も近くにあるとは限りません。

そうなると、雨に濡れながら、風によって体温はどんどん奪われてゆき、最悪の事態にもなりかねません。

また、雨具とウィンドブレーカーは別のものですのでご注意くださいね!

関連サイト富士山の山開きはいつ?雪は大丈夫?登山ルートのお勧めは?

関連サイト富士登山の日帰りプランはどこまで行ける?初心者が知っておきたいポイント

最後に

私は小さな山には何度か登ったことがありますが、富士山にはまだ登ったことがありません。

昔、滋賀県の伊吹山に半パン+サンダルで上り、足を虫に刺されまくってひどい目にあったことがあります。

伊吹山は登山道が整備されており、気軽に登れるので好きなのですが、その時は本当に気軽な気持ちでいってしまいました。

登山はやはり山頂に登った時の、達成感とそこからの景色がくせになりますね。
みなさんも、装備には気をつけて、登山を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

�