ローンの支払いに遅れたらどこに連絡すればいい?もうローンは組めなくなる?

大きな買い物をするときに便利なローン。
自分のライフスタイルに合わせて分割払いをしたり、繰り上げ返済をしたり…使いようによってはとても便利な仕組みですね。

口座振替にしておけば、めんどうな振込の手間もありません。

しかし、もし、支払いが滞った場合はどうなるのでしょうか。
なんとなく、借金って怖いイメージがありますね。

今回はローンの引き落としに遅れてしまった時どうなるのか、そしてどんな対応をすればいいのかをまとめてみました。

引落ができないことは絶対ない!という方も、もしもの時の為の参考にしてくださいね。

関連サイト結婚式の費用が貯金で足りない時はどうする?カード払いもできる?

スポンサーリンク

ローンが引き落とせなかった時はどうする?

口座振替にしている場合、月に一回引き落としがかかります。振替日が金融機関の休みであれば翌営業日に引き落とされます。

万が一、口座にお金があまりなく残高不足などで引き落としができなかった場合は、基本的には再度引き落とすということができませんので、ローン会社の指定の口座に振込をすることになります。

ですので、「引き落とされていないかも…」と不安に思ったら、まずはローン会社に電話をしてみてください。

「怒られるのでは」と不安で連絡がしにくいかもしれませんが、ローン会社としては、きちんと連絡さえしてもらえれば、問題ありません。

ただ、注意したいのが、本来払うべき日(引き落とし日)に支払いをしていないわけですから、恐らく利息が発生していると考えられます。

ですので、ローン会社にきちんと連絡をし、遅延利息を含めた金額を確認した上で、どうしたらよいかを確認しましょう。振込できる日ごとに利息を含めた金額を教えてくれます。
振込予定日に遅れてしまいそうな場合は、再度ローン会社に連絡をしてくださいね。

ブラックリストとは?

引き落としができなかった場合、ローン会社から督促の電話がかかってきます。
これは、あくまでも確認の電話だと思ってください。
ローン会社も本人が本当に忘れていて、利息ばかりかかってくるとかわいそうなので、電話で教えてくれようとしているだけです。

この、滞納後すぐにかかってくる一次督促は主に、ローン会社に勤める派遣さんや一般の事務員、または新入社員がやっていることが多く、この段階で速やかに払えば、信用情報などに影響はあまりありません。

スポンサーリンク

しかし、督促を無視し続けると、信用情報に載ることになります。
信用情報とは、クレジットカードやローンを組む際に使用されるもので、氏名や生年月日、連絡先、借入情報などが記載された信用機関です。

きちんと返済などをしている人は、「ホワイト情報」、延滞などを繰り返す人を「ブラック情報」といいます。よく、「ブラックリストに載るぞ!!」なんて言葉を聞きますが、ブラックリストというものは存在しません。

信用機関に滞納などの情報(事故情報)が載ることをいつの間にか、ブラックリストと呼ぶようになったのだと考えられます。
どちらにせよ、ローンの支払い延滞が続くと信用機関に事故情報として登録されます。
延滞の事故情報も含め、自己破産や民事再生をした場合も履歴も残りますので、今後ローンなどを組めなくなる可能性はあります。

延滞の事故情報は5年間残ります。家など本当に欲しい高額のものを買いたい時にローンが組めなくて困ることが無いようローンの支払い延滞十分注意してくださいね。

私はローンの引落ができなくなることを防ぐために、引落口座には定期預金をしています。
定期預金があればその額の90%まで自動貸付してくれます。

口座の残高がローンの引落に足りなかった場合、差額分を自動貸付してくれるので、ローンの支払いは滞ることがありません。
もちろん貸付なので返済と利息は必要ですが、ローンの引落の方が大事なので念のために定期預金を設定しています。自分が毎月ローン支払いをする額より多めの定期預金をしていれば安心ですね。

ローン返済に困った時の対策

「どうしても今月は払えない!」と悩んだ時はどうすればよいのでしょうか。
ここでは、困ったときの対策をご紹介します。
あくまで、「今月は出費がかさんでたまたま」という人向けの情報です。

①ローン会社に連絡をし、返済プランの変更をしてもらう。
まず、ローン会社に相談してみましょう。
期日に払えなくても、少し待ってくれるかもしれません。
もしくは、月々の返済額を減らすなど、ライフスタイルに合わせたプランを考えてくれます。

②まずは利息だけでも払っておく
滞納を放置すると利息がどんどん増えていきます。仮に、100万円を約13%で借りた場合、一日あたりの利息は400円と少しほどかかります。

ちなみに、利息が月々の支払額を超えてしまうと、ローン会社もいよいよ焦って督促が厳しくなります。ひとまず、利息だけでも払えないか相談してみましょう。

③今月だけ!親などに借りる
利息がもったいないので、一時的に親などに相談してみましょう。
ただし、親とはいえ今後の自分の信用に関わるかも知れませんので、慎重にしましょう。

関連サイト結婚式の費用が貯金で足りない時はどうする?カード払いもできる?

最後に

大きなお金が用意できなくても買い物ができるローンですが、計画的に利用をしないといけませんね。ローンが不安なのであれば、買わないというのもひとつの方法ですね。

ローンが払えなくなり、せっかく手に入れた車などで手放すことになれば、減ったのはお金だけという事にもなりかねません。ローンはじっくり検討した上で利用しましょう。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

フォローする