カラコンを初めて買う時の注意点は?眼科に行く必要はある?

皆さんは、カラーコンタクトを使用したことがありますか?
少し前から、コンタクトをファッションの一部と考え、カラーコンタクトを使用する方が増えてきましたね。

自分もカラコンに挑戦したいけど、
本当に使っても大丈夫なのかな?
目に合わないとかないのかな。
などいろいろ気になっている方も多いでしょう。

普通のコンタクトレンズは眼科に行くけど
カラコンは雑貨屋さんで買ってしまっても大丈夫?

種類もたくさんありすぎてどんなものを選べばいいのかわからない。

等々心配事や疑問もたくさんあるでしょう。

そこで今回は、
カラーコンタクトを使用する前に眼科に行ったほうが良いのか、
カラーコンタクトの種類はどのくらいあるのか
どんな風に使ったり保存したらいいかのなどをご紹介しますね。

ぜひ、あなたもカラコンデビューしてくださいね!

スポンサーリンク

カラコンにはどんな種類がある?

普通のコンタクト同様にカラーコンタクトにも種類があります。
レンズの作りにも種類がありますし、使用期限によっても種類は異なります。
そこで、今回はレンズの種類と使用期限別にどんな商品があるのかをご紹介いたします。

使い捨て1dayタイプ
洗浄不要のタイプで、非常に衛生的なコンタクトです。
このタイプは、1日使用した場合、使い回しができないタイプになり、価格が少々高めです。

2weekタイプ
2週間毎に交換が必要なタイプのコンタクトレンズです。
洗浄が必要で、少しだけ面倒なタイプかもしれませんが、1dayのコンタクトより価格は安くなります。

マンスリータイプ
こちらは1ヶ月に1回交換が必要なコンタクトレンズです。
もちろん洗浄は必要ですし、洗浄に必要な洗浄剤やコンタクトケースも必要になります。
また、使用感も出てきてしまいます。

1yearタイプ
1年間使用できるコンタクトレンズですので、当然洗浄も必要ですし使用感も出てしまいます。
ただ、他のコンタクトレンズに比べて大幅に金額が安いことがメリットです。
しかし、はじめてのカラコンとして使うには不向きです。

このように、カラーコンタクトには種類がありますので、自分に合った種類のカラーコンタクトを選びましょう。

カラコンを買うためには眼科へ行く必要あり?

正直なところ、カラーコンタクトを買うために眼科に行く必要はありません。
眼科に行かなくても簡単に購入できるのです。

しかしそれは裏を返せば、目になんらかの異常が起こっても全て自己責任だということになります。

実際、眼科で検査する前にカラーコンタクトを使用して、視力が落ちてしまった人や目に痛みが起こってしまった人は多いのです。

その理由の多くは目に合っていなかったからです。

コンタクトレンズを作る時に眼科に行きますが、その時は度数を調べるだけではなく、目の表面の形状も一緒に調べます。

スポンサーリンク

目は球体ですし、人によって大きさやそのカーブ具合に違います。
カーブがあっていないレンズを付けると目に傷をつけることも簡単に想像できますよね。

ですから、度が入っていないからといって眼科に行かず自分でカラコンを選ぶのは止めましょう。

初めての場合はまず眼科で一度検査してカラコンを買うためのデータを調べてもらいましょう。

【検査内容】

  • BC(眼球のカーブ)
  • DIA(レンズの直径)
  • PWR(度数)

このデータがあれば、通販でもカラコンを選んで買うことができます。
はじめてのコンタクトを使う時は検査の時に伝え、使い方など眼科医の指導を受けてくださいね。

カラコンのつけ方や保存の仕方

では、カラーコンタクトの正しい使用方法と保存の仕方を順番に見ていきましょう。

カラーコンタクトの付け方

*カラーコンタクトを使用するときには、必ず手を洗い清潔な状態にしてからご使用ください

1)手と指の水分をきちんと取り除き、利き手の人差し指にコンタクトを乗せて、レンズに異常がないかを確認します。
2)レンズが裏返っていないことを確認し、まつげを押さえながらまぶたを開きます。
3)レンズをまっすぐ黒めにのせて、レンズを指から放します。

カラーコンタクトの外し方

はじめて使用する場合は、無理にコンタクトを外さないように気をつけてください。
もしも外れないようでしたら眼科に行って、きちんとした手順で外してもらいましょう。

1)鏡の前で利き手の中指を使用して、下まぶたを引き下げます。
2)そのまま人差し指と親指を使ってレンズを摘みあげて、取り外しは完了となります。

カラーコンタクトの保存方法

使用したレンズは、すぐに洗浄しないと雑菌が繁殖してしまいます。
その為、洗浄が必要なタイプのコンタクトを使用する場合は洗浄剤と保存ケースを準備しておきましょう。
1dayタイプのコンタクトを使用している場合は、洗浄の必要はありません。
そのまま使いまわしたりはしないで、使用後は捨ててくださいね。

1)取り外したコンタクトの内側に洗浄剤を数滴たらし、指先でやさしく20~30回を目安に円を描くように洗います。
2)その後、もう片方の面も同様に洗浄液をたらして、洗います。
3)コンタクトを洗浄液ですすぎます。
4)レンズケースに洗浄液を流し込み、決められた時間までコンタクトを洗浄してください。

洗浄後は、そのままコンタクトを取り出して使用しましょう。

カラコンはソフトコンタクトレンズなので水洗いはできません。気を付けましょう。

まとめ

カラコンを試してみたいと思った時は、自分の目にカラーコンタクトが合うのかを一度眼科で見てもらってくださいね。

私の周りでもカラーコンタクトを使用する人がたくさんいましたが、やはり合わないコンタクトだと目が痛くなってしまうこともあったとか。
また、視力が悪い場合は度の入ったカラーコンタクトもあるそうなので、そのような場合でも一度眼科に相談してくださいね。

カラコンにチャレンジでイメージチェンジ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク