SIMロック解除義務化とは?SIMフリーのメリットデメリットは?

sumaho

2015年5月からSIMロック解除が義務化となりました。
この事によって私たちにはどんなメリットデメリットがあるのでしょう。
通信料金が安くなると思っていましたが、実際はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

SIMロック解除義務化とは?

2015年5月に開始されたSIMロック解除義務化ですが、そもそもSIMロックって何?という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず、SIMカードはみなさんの携帯やスマホに差し込まれています。このSIMカードには契約者情報が記録されており差し込むことで通信ができるようになります。

そこで各携帯会社はこのカードを特定のキャリア(自社)でしか使えないようにしています。

そのため携帯の機種で気に入ったものがあっても今使っている携帯会社でなければ、あきらめるかその機種に対応している携帯会社にMNP(番号ポータビリティ)するかしかありませんでした。

今はどこのキャリアでも買えるiphoneですが、最初にソフトバンクで発売された時、多くの人が乗り換えましたよね。これはiphoneのSIMにロックがかかっていたためソフトバンク以外で使えなかったからなのです。

このようなSIMロックですが、2015年5月以降に発売される携帯についてSIMロック解除が義務づけられました。
ソフトバンクからは対応について発表されていませんが、ドコモとauは購入後6か月を過ぎたらSIMロック解除に対応します。

SIMロック解除のメリットは?

SIMロックが解除できることによって受けるメリットをあげてみます。

好きな端末が使える

好きな端末で気に入っている携帯会社と契約ができる。

通信料金の節約

格安SIMに乗り換えた場合、月額料金が1,000円以下のプランあり。
通信し放題で速度無制限などもあります。

通話&データプラン比較:パケット3GBの場合(キャリアは電話かけ放題)

基本料金 パケット 合計 データ専用プラン
ドコモ 2,700円 3,500円 6,200円
au 2,700円 4,200円 6,900円
ソフトバンク 2,700円 3,500円 6,200円
UQ mobile 1,680円 基本料込 1,680円 3GB:980円
U-mobile 1,580円 基本料込 1,580円 1GB:680円~
IIJmio 1,600円 基本料込 1,600円 3GB:900円

通話時間が少ない人にとって格安SIM(MVNO)は魅力的ですよね。

スポンサーリンク

契約義務期間が短い

格安SIMに乗り換えた場合、携帯のように2年縛りがないため、ほかのSIMにも乗換がしやすい。

海外で現地のSIMが使える

海外旅行の際、海外でSIMを購入して使うことができるので高額な通信料が請求される心配がない。

SIMロック解除のデメリットは?

SIMロック解除は私たちにとってはいいことづくめのような気がしますね。
ですが、いくつかのデメリットが懸念されています。

一つは携帯本体価格の高騰です。

今は新しい機種に乗り換えた場合、2年の分割で買って、月々は分割分お得になって、、と格安で携帯本体を手に入れています。
この割引は2年使うこと前提です。

ところがSIMロック解除が義務化されるとauやドコモは購入6か月後からSIMロック解除可能になります。
7か月目からは他社のSIMに乗り換えられるかもしれない状況では本体の割引は難しくなるのではないでしょうか。
結果、携帯本体実質価格が上がると考えています。

トラブルがあった時の窓口が増える

これは本体とSIMカード別々のところにした場合、電話がつながらないなどトラブルがおきた時にそれぞれのサポートに問い合わせすることになります。自分自身どちらが原因かわからないことも多いでしょう。そんな時問い合わせる先が複数あるとイライラしてしまうかもしれません。。

SIM選びに知識や情報が必要になる。
SIMフリーの携帯端末をキャリアで使う場合、その端末の対応周波数によっては通信ができないことがあります。
またキャリアのSIMフリー端末に他社のSIMを挿してつかうと、そのキャリア独自のアプリが使えなかったりします。

他社のSIMフリー携帯本体にキャリアのSIMを入れる場合
希望のキャリアで通信ができるかどうかの情報については、携帯本体を購入した会社に確認しましょう。

SIMフリー携帯本体に格安SIMを入れる場合
SIMの販売会社に対応している機種の一覧表がありますので、それで確認しましょう。
使用できない機能も記載されているので見逃さないようにしましょう。

まとめ

SIMロック解除になりましたが、すぐに変えてしまわなくてもいいのではないでしょうか。通信料金を抑えたかった方はSIMフリー端末を改めて買わなくていい分お得ですね。携帯を2台持っている方にもおススメですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存