隅田川花火大会座って見れる場所は?穴場スポット第一・第二会場はこちら

hanabi

隅田川花火大会は第一会場第二会場と二か所に分かれそれぞれが共演するように花火が打ち上げられていきます。
第一会場の浅草エリア、第二会場の両国エリアそれぞれの見どころスポットや穴場スポットをお知らせします。

関連サイト隅田川花火ホテルの予約はこちら!レストランや屋形船も間に合う?

関連サイト隅田川花火大会打上げ場所は?有料席はお得な値段だった!

スポンサーリンク

隅田川花火大会概要

隅田川花火大会は東京三大花火大会の一つと言われ、毎年100万近くの人が訪れます。
打上げ会場は第一会場と第二会場に分かれて開催されます。

開催日時:2016年7月30日(土)19:05~
荒天の場合は中止
それぞれの会場で打ち上げられる花火の種類も違い、どちらをメインで見るのか迷うところですね。

花火とスカイツリーのコラボショットを撮るポイント

白髭橋・蔵前橋・厩橋
いずれも橋の上なので立ち止まりは禁止です。難しいけれど歩きながらベストショットにチャレンジしてくださいね!

第一会場概要と見どころポイント

浅草エリアにあるのが第一会場です。
こちらでは両国ゆかりの花火業者と全国の花火大会で好成績を収めた業者による花火コンクールが見どころポイントです。
毎年趣向を凝らした花火が楽しめるのが魅力です。

首都高高架下

きれいな花火が楽しめる首都高向島線の高架下は人気スポット。毎年17時前後にはスペースが埋まってしまいます。

銅像堀公園周辺

大会当日公園は立ち入り禁止となしますが、その周辺の遊歩道から花火鑑賞が可能です。
フェンス越しから眺める花火は意外と迫力があります。
比較的人が少ない穴場スポットです。

台東リバーサイドスポーツセンター野球場

市民協賛 特別観覧席
体に響くほどの打ち上げ音が体感できるスポットです。
市民協賛に参加した人のみの席になります。

台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

市民協賛 特別観覧席
打上げ花火が間近で見られる人気スポットです。
こちらも市民協賛に参加した人のみの席になります。

汐入公園

会場から離れているので人も少ない穴場スポットです。
花火が遠くなってしまいますが、のんびり見ることが出来るのはうれしいですね。

スポンサーリンク

隅田公園

隅田川の両岸にある隅田公園。花火に近く大人気のスポットです。
公園が開園する9時に速攻で席がなくなることもありますので、早めに待機しておきましょう。
大東区側は目の前を遮るものがないので、特に人気があります。

白髭橋・言問橋・吾妻橋

スカイツリーとのコラボが楽しめる白髭橋を始め、橋は花火を見るのにいいスポットですが、花火大会中は橋の上での立止まりが禁止になったり一方通行になったりします。ちょっとだけのつもりが戻れなくなることもあるので注意してくださいね。

第二会場概要と見どころポイント

第二会場は両国エリアですがメインになっています。
この会場ではスターマインなどの華やかな花火をメインに打ち上げられていきます。

駒形どぜう前

江戸時代創業の老舗駒形どぜう前も人気のスポットです。
場所取りは夕方の交通規制の後になります。交通規制されたらすぐ場所取りできるように待機しておきましょう。

隅田川周辺

隅田川周辺なら第一会場、第二会場とも見渡せるスポットがあります。
川沿いなので虫よけスプレーをお忘れなく!17時ごろには結構な数の人が集まっています。

東駒形三丁目交差点

三ツ目通りにある交差点で第二会場のスターマインを見ることが出来ます。
花火大会当日夕方から車両通行止めになるので待機しておきましょう。

隅田区側両国親水テラス

市民協賛 特別観覧席
市民協賛席の中で唯一椅子に座って第二会場の花火が見られる場所です。

清澄通り

周囲に高い建物がないので午後から込み始めるポイントです。
夕方から交通規制が始まるので、時期を見計らって場所取りをしましょう。

駒形橋・厩橋・蔵前橋

駒形橋:花火とスカイツリーのコラボ
厩橋:第二会場の花火を真正面に見ることが出来る
蔵前橋:第一、第二会場両方が見える橋

橋はいずれも立ち止まり禁止の一方通行ですので、ご注意くださいね。

【東京3大花火大会】

関連サイト神宮外苑花火大会参加アーティストは?有料席の予約はいつから?

まとめ

第一会場の花火も第二会場の花火も橋からならバッチリ見えるのに立ち止まり禁止なのが残念ですね。
一方通行なので、迷子にならないようお気を付けくださいね。

第二会場の観覧スポットは交通規制後に場所取りするところも多く、早い時間から行かなくても場所取りができるかもしれませんね。チャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存