過去記事

いたばし花火大会の日程や開催場所は?有料席はあるの?

itabasi

荒川両岸の河川敷で行われる、いたばし花火大会は都内最大級の尺玉やナイヤガラの滝が有名ですね。
板橋花火大会2017年日程や開催場所、有料席の情報をお知らせしますね。

スポンサードリンク

いたばし花火大会の日程や開催場所は?

いたばし花火大会は8月の第1土曜日に開催され、今年は第58回になります。

荒川両岸の河川敷を会場として、東京側はいたばし花火大会、埼玉側は戸田橋花火大会として、毎年同時に行われています。江戸川区花火大会の様に一つの花火大会を両岸で見るのではなく、それぞれが花火大会を実施しています。

開催日時:2017年8月5日(土)19:00~20:30
荒天の場合8月6日(日)に延期

開催場所:荒川戸田橋上流 板橋川河川敷

問合わせ先:板橋区観光協会
電話:03-3579-2255

花火種類:スターマイン、尺玉、妖怪ウォッチ花火、ナイヤガラの滝


打上げ数:両花火大会あわせて約11,000発

観客数:約55万人

いたばし花火大会の有料席はあるの?

いたばし花火大会を見るなら有料席で!と公式でも言われているように、花火がよく見える場所はすべて有料席になっています。

お勧めなのは陸上競技場ですね。開花直径が360メートルにもなる尺五寸玉が頭上に広がり空を埋める様は圧巻です!
長さ100メートルの専用ナイヤガラの滝まであるのは嬉しいですね。

スポンサードリンク
席種席仕様価格ナイヤガラの滝
陸上競技場
テーブル付き席(4名分)
ひじ掛け付き椅子
丸テーブル付き
28,000円
陸上競技場イス席(1名分)パイプ椅子3,600円
陸上競技場 グループ席(8名分)シート敷28,800円
S席(1名分)スタンド席3,100円
グループS席(8名分)シート敷24,800円
A席(1名分)スタンド席2,600円
グループA席(8枚分)シート敷20,800円
芝生斜面 グループ席(8名分)芝生斜面席20,800円
ボックス席(4名分)スタンド席10,400円
B席(1名分)スタンド席2,100円

A席、B席はナイヤガラの正面ではないので、少し見難いようですね。
場所確認はこちら⇒いたばし花火大会会場MAP

チケット販売期間

先行抽選:2017年6月17日(土)11:00~6月20日(火)11:00

⇒チケットぴあ いたばし花火大会 先行抽選販売
icon

一般販売:2017年6月24日(土)10:00~

インタネット:チケットぴあ
直接購入:セブンイレブン、サークルKサンクス、板橋区観光協会窓口

⇒チケットぴあ いたばし花火大会(一般販売)
icon

⇒【チケットストリート】完売の花火大会チケットも手に入るかも?

有料席以外の見どころポイント

以前は荒川の板橋川河川敷が見どころポイントの一つでしたが、現在は終日立ち入り禁止の区域になってしまいました。

現在、無料席として解放されているのは次の4か所です。

芝生広場

有料席の陸上競技場のすぐ隣です。打ち上げ場所に近いので音や花火との距離などどちらも十分満足できる場所です。
最寄駅:都営三田線 高島駅

野草広場

比較的混雑が少ないポイントです。最寄駅までの移動が比較的スムースなので行き帰りのアクセスに便利です。
最寄駅:都営三田線 高島駅

公式野球場・軟式野球場

こちらも花火に近い絶好のポイントなので混雑は避けられません。場所取りはお昼頃から始まっています。早めに場所取りをしようと思っている方は熱中症に気を付けてくださいね。
最寄駅:JR埼京線 JR浮間舟渡駅

まとめ

いたばし花火大会に限らず、やはり有料席は見どころポイント押さえていますね。一般発売はまだこれからなので有料席を手に入れて当日のんびり会場に来たいですね。

スポンサードリンク

関連記事

-過去記事
-,

Copyright© iRoiRo WeBNote , 2021 All Rights Reserved.