夏の犬の散歩、暑さ対策はどうする?熱中症を防ぐおすすめグッズ。

dog

室内で飼っている犬でもやっぱり散歩に行きますよね。

こんな暑い日が続くときはどうします?

犬は飼い主との散歩をとても楽しみにしているので、暑いからと言って散歩をやめるのはかわいそうですね。

夏の散歩注意点をチェックして、快適な散歩ができるように対策やグッズをまとめてみました。

関連サイト犬の暑さ対策グッズのおススメは?留守番の時は扇風機でも大丈夫?

スポンサーリンク

夏の犬の散歩、注意点は?

夏に犬の散歩で気をつけなければいけないのが、熱気による熱中症やアスファルトを歩くことによる肉球のやけどです。

夏のアスファルトの上を歩くと私たちでも熱気を感じますよね。

犬は私たちより地表に近い所に体があるので、私たち以上に熱気を感じているでしょう。また犬は私たちでいう裸足状態でアスファルトの上を歩くことになります。
想像するだけで冷や汗ものですね。

犬は人と違い汗をかいて体温を調整することが出来ません。そのため口から舌を出して体温調整をしています。

よく犬が舌を出してハァハァ言ってるのを見かけたりしませんか?
あれは疲れてハァハァ言っているのではなく、体が熱くなったため体温調整をしているのです。

アスファルトの温度は外気温が上がる以上に上がっていきます。人間より暑さに弱いので自分が暑くなくても犬の様子に注意しておきましょう。

夏の犬の散歩、暑さ対策

夏に散歩する時外気温に気を付けましょう。
外気温が30度になるとアスファルトの温度は50度近くまで上昇します。これではとても散歩どころではありません。まずは暑くなる時間をさけることから考えましょう。

暑さ対策①
散歩は外気温が低い、朝6時ぐらいまでか、19時以降の時間にする

外気温でぐんぐん温度が上がるのはアスファルトです。
アスファルト以外で散歩できる場所があるなら、そこまで車などで移動して散歩をしましょう。

スポンサーリンク

暑さ対策②
アスファルト以外の場所で散歩をする

時間や場所を考えること以外に飼い主ができることは、真夏の散歩を快適に過ごせるグッズをプラスしてあげることですね。
UVカットの服を濡らしてから着せてあげましょう。道中乾いてしまったら水をスプレーするなどしてしめらせましょう。

うっかりアスファルトに出てしまったりすることを考えて、靴下も履かせておきましょう。

暑さ対策③
暑さを防ぐためのグッズを準備する

あと忘れてはいけないのは水ですが、お皿と一緒になった水筒を準備しておくといいですね。

まとめ

こんな猛暑が続くような日々でも飼い主との散歩を喜んでくれるワンコ。出来るだけ快適に過ごせるように出来るだけ心を配りたいですね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存