マイナンバー通知カードと個人番号カードの違いと使い方のまとめ。

2015年10月から順次マイナンバー通知カードが送られてきます。

通知カードと個人番号カードはどのような違いがあるのでしょう?
個人番号カードの申請をどうするか迷っていたら違いや使い方をチェックしておきましょう。

関連サイト個人番号カードの受取手順 通知カードを紛失した時の手続きは?

スポンサーリンク

マイナンバー通知カードとは?

マイナンバー通知カードは、自分に付与されたマイナンバーを通知するために住所地の市町村から送られてきます。
t-card

通知カードに記載されるもの

  • マイナンバー(個人番号)
  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別

通知カードは透かし技術など偽造防止対策が施されています。

使用期限は個人通知カードを取得するまでなので、個人番号カードを発行しない場合はずっと通知カードを使用することになります。
行政等での手続きにマイナンバー(個人番号)が必要な時に提示するためのもので、身分証明にはなりません。
そのため、マイナンバーを記載する手続きの際はマイナンバー通知カード提示の他に身分の証明が必要になります。

関連サイトマイナンバーはいつ時点の住所に届く?住民票と現住所と違う場合はどうする?

関連サイトマイナンバー通知カードいつ届く??通知カードを紛失した時の手続きは?

個人番号カードとは?

個人番号通知カードはマイナンバーが記載された本人であることを証明するカードです。
顔写真付のためマイナンバーを使用する際には個人番号カードだけで手続きが可能で、他に身分証明書類等は必要ありません。

このカードは本人の申請によって発行されます。マイナンバー通知カードが送付された時に同封されていた「交付申請書」に本人写真を添付して提出します。

マイナンバー通知カードが届いてすぐ交付申請書を提出しても受け取りは2016年1月以降となります。
kojin

個人カードに記載されるもの

個人番号カード表面

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 顔写真
  • 電子証明書の有効期限の記載欄
  • セキュリティコード
  • サインパネル領域(引越した際の新住所など)
  • 臓器提供意思表示欄

個人番号カード裏面

  • マイナンバー(個人番号)
  • ICチップ

表面は身分証明として利用可能なので、本人が同意すれば表面のコピーは可能です。
裏面のコピーは行政機関や雇用主などマイナンバー法で規定された者でしかできません。

マイナンバー法で規定された者以外でコピーを求められた場合、心配ならば目の前でコピーする以外はコピーをお断りしましょう。

ICチップに記録される内容も気になりますね。今のところは記録されるのは個人カードに記載された情報、総務省や市区町村が定めた事項となっており今のところ下記の内容が記載される予定です。

  • 市区町村:印鑑登録証、コンビニ交付、証明書自動交付機
  • 都道府県:都道府県立図書館の利用者カード
  • 国の行政機関:国家公務員の身分証明機能(入退館管理)
  • 署名用電子証明書(e-Taxの確定申告など電子文書を送信する際に使用)
  • 利用者証明用電子証明書(マイポータルやコンビニでの交付等の本人証明)
スポンサーリンク

個人番号カードの利点

  • 本人確認の際の公的な身分証明書として利用可能
  • 市区町村や国等が提供する複数のカードが個人番号カードと一体化可能
  • マイナポータルへのログインが可能(2017年1月~)
  • 各種の行政手続のオンライン申請に利用可能
  • オンラインバンキングをはじめ、各種の民間のオンライン取引に利用可能
  • コンビニなどで住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得可能

※マイナポータルは自分の情報がどこで照会されたかなどの情報確認ができるサイト

個人番号カードが顔写真付きの身分証明書となるので免許証やパスポート、住基カードを持たず写真付きの公的身分証明書がなかった方には朗報ですね。

通知カードと個人番号カードの違い

通知カード 個人番号カード
発行 2015年10月から発送 本人の申請により交付
交付 郵送 市町村窓口
(顔写真確認あり)
マイナンバー記載
顔写真添付 ×
ICチップ ×
身分証明に使用 ×
交付手数料 無料 無料
紛失時 警察署等への届け出 警察署等への届け出
個人番号カードコールセンターへ届け出
再発行手数料 500円(予定) 1,000円(予定)
 有効期限 個人番号カード交付まで 20歳以上10年
20歳未満 5年
利用 ・マイナンバーの確認
・身分証明書類別途必要
 ・マイナンバーの確認
身分証明兼用
・行政の付加サ-ビス利用
マイナポータル利用
※2017年~
×

関連サイト【まとめ】マイナンバー制度知っておきたいこと

関連サイト個人番号カードの受取手順 通知カードを紛失した時の手続きは?

まとめ

マイナンバーが記載されているという点では同じなのに、それ以外はずいぶん違いますね。

個人番号カードを発行するかは自身で決めることができますし、発行申請の期限もありません。これからも個人カードについての情報を集めていきますので、ご参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存