暮らし

ダニの駆除方法は掃除機だけで大丈夫?意外と怖いダニの影響

更新日:

237_2

家庭を守る主婦としては、気になりますよね、ダニ。
特に小さいお子さんがいらっしゃるおうちでは、ケアしたいことです。

ダニを駆除する方法としてまず思い浮かぶのは、やっぱり掃除機ですよね。

でも、本当に掃除機をかけるだけでダニはきちんと駆除できるのでしょうか。

本当に効果のあるダニ駆除の方法とは。

スポンサーリンク

ダニ駆除が掃除機だけでは不十分な理由とは

ひと昔前は、ダニなんて天日干しが一番、という考え方が一般的でしたが、ダニを死滅させるのには、かなりの高温状態が必要なことや、布団の裏側に逃げて行ってしまうこと、最後に叩くことによってダニの糞や死骸が細かく広がっていってしまうことなど、効果的ではないことがわかり、掃除機を使いましょうという流れになってきましたよね。

「ダニを駆除しようと思ったら掃除機」という考えは、間違っているわけではありません。
問題は、掃除機をかけるだけで十分なのか、ということです。

ダニも生きています。掃除機で吸い取られそうになれば当然必死で抵抗します。
しがみつきます。そうするとどうなるか、わかりますよね、体の一部が残ってしまうわけです。まずは、ダニを死滅させることから始めるのが重要になってきます。

しっかりとダニを駆除する方法

それでは、ダニを死滅させようと思ったら、どうすれば良いのでしょうか。
ダニが死滅する条件として、温度と時間があります。布団乾燥機やホットカーペットを使う方法もありますが、一番のおすすめは、なんとコインランドリーの大型(高温)乾燥機なんですね。

諸説ある温度と時間の条件も十分に充たし、ダニが嫌いな乾燥地帯になります。さらに大型洗濯機で丸洗いして、もう一度乾燥機にかけるとほぼ完璧です。
ご自宅に戻り、掃除機で仕上げる場合、やっぱり布団用に開発されている商品は優れものですので、専用ヘッドがついた吸引力の高い掃除機や布団クリーナーはあるに越したことはありませんが、ポイントは、さっとかけておしまい、ではなく、一か所ごとに20~30秒ほど当て続けることです。根気強く、じっくりいきましょう。

ちなみに、ダニを死滅させるのに、さらに意外な方法として、車内放置というのもあります。こちらは「真夏の炎天下」が条件になりますので、気が向いたらおためしください。

スポンサーリンク

意外と怖いダニの影響

ひとくちにダニといっても、たくさんの種類が存在します。
中でも、ダニが人体に与える影響として一番怖いのは、生きているダニそのものではなく、ダニの糞や死骸がアレルゲン(ハウスダストなどの原因)となるアレルギーです。

アレルギーの症状としては、鼻炎・アトピー・喘息など、どれも軽くみてはいけないものですね。

そして、直接噛みついてくるダニもいます。2か所同時に噛まれた歯型のようになった経験はありませんか?かゆくなったり、炎症をおこしたり、以前は、ダニの被害といえば、こちらが主流だったように思います。

それから、ダニを食べるダニや、害虫も存在しますので、二次被害の恐れもあります。また、「顔ダニ」というのも一時期よく言われていましたね。こちらは、数が多すぎても少なすぎても肌トラブルの原因となるものなので、あまり気にしなくて良いと思いますが。

最後に

ダニは、カビと同じで、完全に駆除するのは難しいものです。不可能かもしれません。
でも、大事なのは、正しい方法で徹底的にダニをやっつけること、ダニが繁殖しないように定期的に駆除を続けることです。

除菌効果のあるダニ用スプレーや、ゴキブリホイホイのダニ版なんかもありますので、使ってみてはいかがでしょうか。

小さなお子さんはもちろん、大人だってダニの影響は受けます。軽い鼻炎かな?と思っていたら原因がダニだったなんてことも大いにあり得ます。

大切な家族を守るのは、あなたの役目です。家族全員が、健康で快適な毎日を過ごせますよう、応援しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-暮らし
-,

Copyright© iRoiRo WeBNote , 2017 All Rights Reserved.