過去記事 暮らし

入園式はどんな服装で参加した?男の子の場合ジャケットは必要?

更新日:

419-2

かわいかった息子さんもいよいよ幼稚園に入園する時がやってきましたね。

幼稚園の制服があればいいですが、ない場合はどのような服装を選べばいいのかとお悩みの親御さんも多いはずですよね。

今日は幼稚園の入園式にぴったりの服装をご紹介いたします。

関連サイト入園グッズはどうやって用意しているの?オーダーしてる人はいる?

関連サイト七五三で失敗しない、ママのスーツ選びはこれで決まり!!

関連サイト入園グッズはどうやって用意しているの?オーダーしてる人はいる?

スポンサーリンク

男の子の入園式ファッション!どんな服装で参加した?

入園式は基本的に、黒、グレーなどのフォーマルな服装で参加するのが一般的です。
普段は、ほとんど着ることないフォーマルな装いのため、七五三などに着回せるようサイズを考慮して購入するママが多いですね。

ジャケットを着て、きっちりした服装が定番ですが、元気な男の子は、ジャケットなどの堅苦しい格好を嫌がる子もいます。
男の子の服装について押さえておきたいポイントをまとめます。

1)指定がないか確認しましょう。
幼稚園によっては、制服があったり、指定する格好があるかもしれませんので、事前によく確認をしてくださいね♪

特に指定がない場合でも、「普段よりきちんとした格好」を選びましょう。
もしかしたら、卒園のアルバムなんかに写真が載るかもしれません。
一生もののため、そこは慎重に選びたいところです。

購入するのであれば、おでかけや、お呼ばれにも着ていけそうなものを選ぶとよいですね。

2)動きやすい服装
幼稚園・保育園によっては、入園式の後にそのまま「慣らし保育」に入るところもあります。

動きやすさを重視した機能的な服を着せてあげると、その後たくさん遊びまわっても安心ですね。また、お子さんの年令によっては、おむつの脱着が簡単にできる服装を選ぶと安心です。

また、ニッカボッカは小さい頃しか似合わない恰好なので、この機会に選んでみるのもおすすめです。

入園式の服装にジャケットは必要なの?

わんぱく盛りの男の子の場合、ジャケットなどを着たがらない場合もあります。

まだ幼い子の場合、無理をしてジャケットを着せなくても問題ありません。
襟付きシャツにベストを重ね着するだけでも、十分オシャレな格好ができます。
ズボンはゴムのものを選んであげると、苦しくなくてよいでしょう。

ちなみに、「まわりがみんなジャケットを着ているのに、うちだけ着ていないのはちょっと…」などと不安に思うのであれば、持って行っても問題ありません。

ジャケットが堅苦しいと感じるのであれば、ベストもおすすめです。ジャケットほど締めつけ感がなく、しかもキチンと感が出ます。

綺麗なシャツにベストをきれば、おしゃれに見えるし、男の子が暑がりの場合は丁度よいですね♪ネクタイや蝶ネクタイなどを合わせるのもかわいくていいですよ。

ネクタイは結ばなくても付けられる首元がひもになっているものも販売されています。
最近は、引っかかっても大丈夫なように、首のひもの部分が外れやすい部品でできているものもあります。
必要に合わせて選んでみて下さいね!

スポンサーリンク

入園式の服は入園後も使える?着回しのポイントはある?

入園式で一回着ただけの服…その後どうしたらいいのかも悩みどころです。

大抵は、少し大きめのものを購入しておき、2~3年着られるようにしますが、普段も着ることができればムダになりませんよね。
着回しのポイントをまとめます♪

カジュアルスーツのセットアップは着回しがきくのでオススメです。
例:ジャケット、ズボン、白シャツ、蝶ネクタイがセットになっているフォーマルなスーツ

1)白シャツ+カーディガン+ズボン
普段のお出かけ用に。
ジャケットをカーディガンに変えることで、普段着慣れていない子供でも動きやすく、また、おしゃれなきちんと感も演出できます。
お呼ばれにも最適な服装です。
カーディガンをベストに変えても◎。
アーガイル柄などを選ぶとさらにオシャレに着こなせます。

2)白シャツ+蝶ネクタイ+サスペンダー
サスペンダーを合わせることで、また違った印象になります。
シャツを半袖にすれば、夏にもぴったり♪実家への帰省の際にいかがでしょうか。

関連サイト入園グッズはどうやって用意しているの?オーダーしてる人はいる?

関連サイト七五三で失敗しない、ママのスーツ選びはこれで決まり!!

関連サイト入園グッズはどうやって用意しているの?オーダーしてる人はいる?

さいごに

入園式は、子供が初めて体験するセレモニーの場でもあります。

なかなか普段は着る機会のない格好で写真をとることのできる機会でもありますので、きちんとした印象を与えることがポイントです。

これからどのような幼稚園生活になるのか、どんな出会いがあるのか…本当に楽しみですね♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-過去記事, 暮らし
-,

Copyright© iRoiRo WeBNote , 2017 All Rights Reserved.