いろんなイベントやちょっとした知恵やコツなどいろいろご紹介

iRoiRo WeBNote

赤ちゃん

夫婦二人だけの休日を妊婦でも無理なく楽しめる過ごし方は?

投稿日:

辛かったつわりも徐々に収まり、気持ちに余裕が出てきた為、
「夫婦でゆっくりと過ごしたいな」と考えている人もいるのではないでしょうか。

確かに、子供ができると生活が子供中心になってしまうため、
今のうちに夫婦の時間を設けておくのは非常に大切です。

しかし、「体調が心配…」
「お腹が大きくなってきたけど安全に過ごすポイントは?」など、
心配なことも多いことでしょう。

今日は、夫婦で無理なく過ごせる方法をご紹介しますね。

関連サイト出産準備 哺乳瓶のサイズや肌着の枚数は?赤ちゃんケアグッズも用意しよう。

関連サイト可愛い娘の初節句 離乳食もひな祭り仕様に変身☆

関連サイトベビー用品購入せずレンタルするのもあり?レンタルのデメリットは?
スポンサードリンク

夫婦二人だけで楽しんでおきたいこと

出産後はなかなか夫婦だけで出かけることができなくなります。そのため、今のうちに悔いなく過ごして、産後に備えましょう。

映画を見に行く

子供ができるとなかなか映画にも行けなくなります。映画は座っているだけなので体に負担をかけることなく楽しむことができるので、夫婦で過ごすにはおすすめです。体が冷えないよう、ひざ掛けなどを借りれば万全ですね。

レストランで食事

静かな場所で食事をしたくても子供がいるとなかなか行くことができません。そのため、気になるお店には今のうちに行っておくとよいでしょう。ただし、食べすぎには注意してくださいね!

カラオケ

趣味でよく行く人もいるのではないでしょうか。生まれたばかりの子供を連れてカラオケに行くのは難しくなります。赤ちゃんに大音響聞かせたくないですし。

ですからカラオケが好きな人は、今のうちに行って心置きなく歌っておきましょう。

ちなみに、カラオケでの大音量が胎児に悪影響を及ぼすことはないので安心してくださいね。むしろ、カラオケでお母さんのストレスなどが発散できるのなら、おなかの赤ちゃんにもいい影響を与えるでしょう。

お買い物

子供が生まれる前に楽しいんでおきたいのがショッピング。もちろん赤ちゃんが生まれてからでもお買い物に行くことはできますが、自分の好きなところに自分の好きな時間だけいることができるのは夫婦二人だけの時ならでは。

赤ちゃんが生まれてからは赤ちゃんにかかりっきりになりがちです。それまではお買い物は旦那さんのモノ中心にしてみるなど旦那さんへ想いを表現しておきましょう。

妊娠中ならではの注意ポイント

妊娠中は体調をはじめ、気を遣うことも多いですよね。でも、あまり神経質になりすぎるよりは、毎日のびのびと過ごす方が胎児にもよい影響を与えます。

出かけるときは、とにかく体を冷やさないように注意をしましょう。特に冬場は寒いので、長時間外に出るときは暖かい格好をし、体調を崩さないように気を付けましょう。私は、冬場の外出時は腹巻とカイロを使い、なるべくお腹周りを冷やさないように注意していました。

外出先で気分が悪くなったり、お腹が張ったりした場合は、すぐに座って休むようにしましょう。
お腹の痛み、吐き気など、「いつもと違う感覚」がしたら、すぐに帰宅して横になるなどして休むか、心配であれば病院へ行った方が安心です。

外出先では母子手帳は携帯するようにし、旦那様にも病院の連絡先など最低限の情報は伝えておきましょう。生まれるまでは油断はできません。重い荷物や、高い場所のものを取ることは旦那様に任せ、走ったりするのもなるべく控えましょう。

一人時間でできる妊娠中にやっておきたいこと

妊娠中はとにかく激しい運動ができず、静かに過ごした方が安心なため、昼間に家で一人の時間を過ごしている人も多いのではないでしょうか。
家の中でできて、妊娠中にやっておくと役立つことをピックアップしました。

妊娠、出産に関する市の補助のことなどを調べる

妊娠、出産をする人へ各自治体は様々な支援をしています。
調べるのはお金のことだけではなく、妊婦を対象とした「母親学級」などに参加し、同じような状況のママたちとの交流をするのもよし、子育てに関する市の相談窓口なども調べておくと、いざという時に慌てません。

名前を考える

赤ちゃんには名前を付けなければなりません。出生届を出す期限は決まっているので、生まれてから考えるのは忙しいこともあります。ママも出産後の休みたい時期に名前を考えるのは大変でしょう。
そのため、決定はしなくても、候補をいくつか考えてみましょう。子供が一生付き合っていく名前ですからたくさん考えちゃいましょう。

本読んでおく

読書が好きな方は今のうちに読んでおきましょう。赤ちゃんが生まれてからでも読む時間はあるんじゃ?と思うかもしれませんが、時間があるようでないのが育児です。
なれない育児で疲れてしまって時間ができても本を読みながらもウトウトしてしまうんですよね。

赤ちゃんグッズを手作り

赤ちゃんのためのグッズはいろんなところで売っているし、作らなくても十分間に合うでしょう。でも、時間があるのなら手作りグッズにチャレンジしてみてはいかがでしょう。
比較的簡単に作れるのはスタイ(よだれかけ)です。

フェリシモ familiarxCouturier やさしい気持ちで仕上げたい ベビー布小物キット(レッド)

赤ちゃん用のおもちゃもいいですね。
自分で作ると何を使って作ったのかちゃんとわかるので安心です。

フェリシモ ママおしえて レトロでかわいい仕かけ布絵本の会

関連サイト出産準備 哺乳瓶のサイズや肌着の枚数は?赤ちゃんケアグッズも用意しよう。

関連サイト可愛い娘の初節句 離乳食もひな祭り仕様に変身☆

関連サイトベビー用品購入せずレンタルするのもあり?レンタルのデメリットは?

最後に

子供が生まれると夫婦で旅行に行くこともできなくなるため、旅行に行きたくなりますが、いつもと違う環境だと体調を崩しがちです。
もし、旅行を検討している人は、出発前に担当医に十分確認してくださいね。

妊娠中は、夫婦で過ごせる最後の機会ともいえます、体調に注意して、よい思い出にしてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

-赤ちゃん
-

Copyright© iRoiRo WeBNote , 2018 All Rights Reserved.